サイソウフレンズ【12話~13話ネタバレ】凶暴化する自分自身&新たな仲間が加入!?

サイソウフレンズ

江唯みじ子先生が描くタイムリープサスペンス漫画「サイソウフレンズ12話~13話が同時配信。内容をご紹介していきたいと思います。

ざっくりと中身を説明すると12話は自由太が黒井雪の中にいる人物にある疑いをかけていきます。そして高校時代の薊は未来の薊が知る自分よりさらに凶暴化していく事へ。

13話では黒井雪を階段から突き落とした人物の最有力候補だった春名。彼が本当に犯人なのか判明していきます。そして黒井雪(未来の薊)側に新たな仲間が加わっていく事へ。

今後の展開がより楽しみになる目の離せない展開ですよ!

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『BookLive』にて先行配信中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「サイソウフレンズ」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

サイソウフレンズサイソウフレンズ【11話ネタバレ】あの日を回避で未来は大きく変わる!?

サイソウフレンズ【12話~13話ネタバレ】

12話ネタバレ

自由太が薊と最初の出会いを思い出していく。
2年生までは特進クラスにいた薊。3年生になると特進クラスがなくなったので一般クラスに来た薊。ここで初めて存在を轟かせていく。

皆をまとめ上げて引っ張るタイプであった薊。

最初は和気あいあいとなって楽しく過ごせていたのだが、いつの日か…薊はクラスの女王となって恐怖政治にてクラスメイト達を意のままに操っていた。何故、こんな風に薊がなってしまったのか考える自由太。

そしてクラスには停学が明けた春名が戻ってくる。しかし、薊の怒りを買ってしまった春名。彼の居場所は教室にはなかった。

一方、大量のコピー用紙を持つ黒井雪の姿を発見して尾行する自由太。黒井がノリコと仲睦まじく会話している場面を目撃していく。自由太にとってその光景はあり得ない光景だったのだ。

黒井の中にいる人物は黒井ではなく「アレ」ではないかと考えるようになっていく自由太。

授業が終わって教室へ戻ると騒然としていた。春名のカバンから薊のコンプレックス時代の写真をプリントアウトしたコピー用紙が何枚も出てきたのだ。

以前のばら撒き写真も春名が犯人ではないかと憶測が流れていく。

そして高校時代の薊は完全に春名をロックオン状態。一方、その状況下で黒井雪を見遣る自由太。彼女は笑っていた。そして確信を得ていく。黒井の中に入っているのは「未来から来た薊」だと…。

一方、春名に制裁を加えていく高校時代の薊。彼女は鉛筆で春名の手の甲を刺していく。行き過ぎた薊の制裁に一同唖然。さらにもう片方との手も刺そうとする薊。

そこで黒井が声を出していく。『私がやった』自分が写真をコピーして春名のカバンに入れたと証言する黒井。証拠は聞かれたので『紅葉郎の誕生日』と答える黒井。

これは薊のパソコンのログインパスであった。黒井が黒幕だと確信を得た薊。睨みを聞かせていく。そして黒井雪を見る自由太。彼女は目の前にいる自分自身に恐怖を抱いていた。

13話ネタバレ

残酷で凶暴になっていく高校時代の自分自身を見てショックを受ける黒井雪(中身は未来の薊)そこへ自由太が現れた黒井の事を「薊」と呼んでいく。実は以前、黒井が自分の体に戻った時、未来の薊と体が入れ替わっている事を聞いていたのだ。

自由太は黒井が知らない質問をいくつかするが、薊も答えられず…。本当は薊ではないのか…と疑心暗鬼になる自由太。そんな彼へ自分が未来の薊である事を打ち明けていく。

一方、春名を勘違いで傷付けてしまった高校時代の薊。

謝罪するが『恨むなら黒井を恨め』と春名に伝えていく。春名も自分を嵌めた黒井に怒りがこみ上げるが瑠衣と目が合うと昔を思い出して気持ちが穏やかになっていく。

春名は辛い時、瑠衣に励まされていた事があった。それが彼女の好意を抱くキッカケでもあった事が明かされていく。

場面転換。
ノリコ、自由太と合流して談笑していると尾行していた春名が姿を現す。彼の目的は何故、黒井が自分を嵌めたのか…であった。逆に未来の薊も春名に問う。何故、階段から突き落としたのかと…。

春名は否定。
同時に薊に傷付けられた春名の手を心配する未来の薊。春名は誰も庇ってくれない状況に失望した事を明かします。

薊に対して、ことなかれ主義を貫くノリコと春名に怒りを感じて、説教をしていく未来の薊。そして春名は気持ちを改めて黒井雪(未来の薊)側の味方につく決意を固めていきます。

しかし、まだ階段から突き落とした犯人は春名だと怪しんでいる未来の薊。最後にもう一度問います。本当に何もしていないと語る春名。嘘をついているようにも見えず、黒井雪の命を狙う犯人探しは振り出しへ。

黒井雪の体に転生して少しずつ、自分も変わっていく未来の薊。今回の件で勝手な行動をして状況を悪化させた事を幽体化している黒井雪に謝罪。

自分とも向き合い、今の時間を大切にしようと思っていく未来の薊。ここで第13話は終了。

サイソウフレンズ【12話~13話の感想】

仲間も増えて、未来の薊自身も気持ちに変化が大きく現れてきた第12話~13話の内容。一点、気になるのが春名はどうして自由太と黒井雪の関係を知っていたのか。

春名の口調的に「誰か」から二人が良い関係である事を聞いたような印象。そうすると春名に二人の関係を明かした人物が黒井雪を狙う犯人になっていきそうです。

個人的には瑠衣が怪しいと思っているのですが…。後々、黒井の命を狙う黒幕も判明してくると思うので楽しみにしています。この漫画は世紀の高校時代に世紀の嫌われ者と悪態をつかれていたヒロインが過去にタイムリープ。自分の運命、イジメていた黒井雪の運命を変える為に奮闘していく物語。

先のわからない展開が非常に面白い作品。是非、興味が出た人はチェックしてみてくださいね☆彡

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『BookLive』にて先行配信中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「サイソウフレンズ」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

サイソウフレンズ【14話ネタバレ】何者かにガチで狙われる命…薊パニック状態へ!?

↓↓↓以下でネタバレをまとめています↓↓↓
>>サイソウフレンズ【ネタバレまとめ】最新話から結末まで更新中!