サイコパス彼女と崩壊する僕の日常【ネタバレ】闇を抱えた少年・少女の出会いから始まる暗黒青春サスペンス!

サイコパス彼女と崩壊する僕の日常

漫画「サイコパス彼女と崩壊する僕の日常」は原作:Kfumi先生、漫画:HUILAMSI、ネーム構成:桜井竜也先生達で描かれる作品。出版はスクウェア・エニックス。掲載はガンガンONLINEである。

1巻の主な登場人物は主人公とヒロインである。主人公は同級生にいじめられ続ける望月優真。ヒロインは異常者と言われて生きてきた矢吹響子である。

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『BookLive』にて取り扱い中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「サイコパス彼女」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

サイコパス彼女と崩壊する僕の日常【ネタバレ】

サイコパス彼女と崩壊する僕の日常

1話ネタバレ

とある高校。冒頭、響子は今まで異常者と言われて生きてきた事が明かされる。皆が青いという空も彼女にとっては赤く染まっていたのだ。同じ時、優真は学校の裏庭で不良生徒3人からイジメと恐喝を受けていた。

友情料なる支払いで5万円の請求。
しかし、優真は2万円しか用意が出来ていなかった。罰として人間サンドバック状態になる優真。彼らから逃れる術はなく、苦痛な毎日であるが耐えていれば、いつかは終わりが来ると信じていた。

トイレで傷を洗う優真。
出ると苦手な先生である須貝と鉢合わせ。それでも藁にすがる思いで須貝にSOSを発信する優真。彼はか細い声で『助けてください』と訴えていく。

『望月…汚れ、目立たないようにしとけよ!』

膝から崩れ落ちる優真であった。

一方、女子トイレ。
響子がトイレに入っていると洗面前で会話していた3人組の女子が響子に嫌がらせを行っていく。所謂、水バケツである。彼女のトイレ中に頭上からバケツ一杯の水を被せていく。

用を足して出てくる響子。
彼女はバケツ片手に3人組のリーダー格の女性を何度も何度もバケツで叩いていく。彼女にとって攻撃されたら反撃をするものであった。嬉しそうにイジメっ子女子を叩いていく響子。仲間二人は異常な彼女を見て硬直。

『あなたたちも味わってみる?底辺?』

帰路につく中で昔を思い出す響子。小学生時代、彼女は一人だけ自分に似た存在の人間がいる事を知った。彼は異常者の笑い方をしながら鉄片で笑いながら車に傷をつけていたのだ。

そして学校から帰ろうとした時、ある車の前に立つ優真。

彼の行動を見ていて確信する響子。優真こそが小学生時代に感じた「自分と同じ存在の人間」であったのだ。彼から醸し出す異常性は小学生時代と変わらず。仲間を見つけて気分が高揚していく響子。

しかし、車を傷つけた場面を見られて咄嗟に逃げ出していく優真であった。

そして響子の前にはトイレで叩き潰した女の彼氏なのか…男友達なのか…訪れて響子は報復にあっていく。そんなことは彼女にとって瑣末な事であった。優真と出会えた事の方が遥かに嬉しかったからである。

夜、野良猫に餌を与えていると女性の泣き声を感じ取る優真。泣き声の方へ行くと仏像に向かって泣いている響子の姿。彼女の姿を見て学校の駐車場で会った女性だとすぐに気付く。

逃げずに傷だらけの響子にどうしたのかと尋ねていく。

『あなたこそ顔以外は傷だらけ』

言い当てられて響子に得たいの知れない恐怖を感じていく優真。逃げようとするが腕を捕まれる。そして彼女からシャワーを貸して欲しいと頼まれていく。

初対面の男に自宅のシャワーを貸して欲しいと頼んでくる女。普通なら異常であるが優真には彼女も自分と同じように多くの傷を負っている事が手に取るようにわかっていた。

そして流れ響子を自宅へ招く。
家にあがるとすぐに制服を脱ぎ捨て全裸になる響子。体は傷だらけであった。

『あの痣に触れたい…この子は僕だ…』

気付いた時に優真は彼女を抱きしめていた。響子も彼を抱きしめていく。

2話ネタバレ

一緒にお風呂に入ろうと言い出す響子。
しかし、女性耐性の弱い優真。遠慮していく。自分の部屋に戻る優真。響子の体を思い出して自慰行為をしていく。その後、不良達に渡す友情料を探す。母の隠していた茶封筒の中には3万円が入っていた。

5万には到底足りない。
苦悩する中、響子が全裸で訪れる。そして彼の腕を掴んで自分の胸を触らせていく。響子は優真へ馬乗り。優真から漂うオスの香りを感じ取っていく。

『頭の中で私にしたこと…全部今ここでしていいんだよ?優真』

響子を突き放す優真。
自分を底辺だと自虐していく。すると響子は語る。優真はヒエラルキーの底辺ではなく、その外にいると…。自分と同じヒエラルキーの三角形を壊せる存在だと優真に伝えていく。

自分達は似た者同士の仲間である伝えていく響子。優真の洋服を借りて帰宅していく響子。優真は響子と出会った事で勇気をもらい、明日から何か変わる予感を感じていた。

翌日、今までと同じくイジメっ子達に凄惨な扱いを受けていく優真。制服に隠しておいた3万円も奪われていく。何も変わらない現状。やはり自分は底辺だと痛感していく優真。

一方、影に隠れてその様子を見ていた響子。彼女の殺意を感じ取る一人の不良。そして場面は響子の小学生時代へ。彼女は小学生時代に同級生を殺していた。そこに至るまでの経緯が描かれる。

響子のある一言が「花の子」の反感を買っていく。彼女から嫌がらせを受ける響子。腹立たしいとも憎くもなかったが目障りにだけは感じていた。

放課後、裏山に彼女を呼び出して刃物で首筋を切りつけて「花の子」を殺していく。そして響子にとってこれが初めての殺人であった事が明かされる。

3話ネタバレ

翌日、登校中に優真は知る。自分が傷つけた車は須貝の車両であったと。いずれ自分の鬱憤晴らしはバレてしまうと思う優真。もう車を傷つける行為はやめようと考えていく。

女子生徒に人気の須貝。
朝から手作りチョコのプレゼントを貰う。笑顔で受け取り、生徒が見えなくなると投げ捨てる畜生ぶりを発揮。そして同僚の先生から車に傷がついている事を指摘されていく。

犯人に対して怒りを覚える須貝。一方、そのやり取りを木に隠れて聞いていた優真であった。その後、響子のクラスを訪れて洗濯した制服を手渡す優真。周りは何故か優真を見て笑っていた。

周囲の女子に苛立つ響子。
そのまま優真の手を引っ張って別の教室へ。響子は不良3人に苛められている現場を見たと伝えていく。やり返せば良いと伝えていく響子。

『殺しちゃえばいいのに…あいつら』

優真にナイフを手渡していく響子。滅茶苦茶な事を言い出す響子にからかわれていると感じる優真。響子に八つ当たりして彼女の前から立ち去っていく。

『もう話しかけないでください』

響子に決別宣言する優真。
しかし、響子は笑っていく。彼の目は私と同じであると…。

一方、響子に八つ当たりしてしまった事を反省する優真。謝りたい気持ちで一杯になる中、不良3人が絡んでくる。彼らの理不尽な要求を聞いていると無意識に反抗していた優真。

『あなたたちには謝らなきゃならないような悪いこと何もしてません…』

不良達の怒りを買う。
何とか逃げ延びると須貝と鉢合わせ。彼に助けるを求める。しかし、無関心の須貝。イジメっ子達のゲームをしているだけといった言葉に「だよな!」と笑顔で返して立ち去っていく。

暴力を受けて鬱憤の溜まった優真。やめようと決意していた車の傷つけ。彼は再び須貝の車に足を向けていく。そこには響子が待っていた。傷だらけの優真を心配する響子。彼女に酷い言葉を投げてしまった事を謝罪する優真。

仲直りすると響子は今から祭りを始めると言い出す。

大きな石を持って響子は須貝の車に叩きつけていく。その光景を見て大興奮の優真。窓ガラスが砕けると同時に警報機がなる。二人は手を繋いで逃げていく。しかし、優真は須貝の車の側で家の鍵を落としてしまっていた。

ここで第1巻は終了である。

サイコパス彼女と崩壊する僕の日常【感想】

サイコパス彼女と崩壊する僕の日常

サイコパスな響子に魅入られた優真。
そもそも同じ人種なのかも知れないが優真の覚醒はまだ先であろうか。このサイコパス系男女にどんな結末が待っているのか…。取り敢えず不良3人にはスカッとする復讐劇を見せてもらいたい。

戦慄の暗黒青春サスペンスが描かれる漫画「サイコパス彼女と崩壊する僕の日常」興味が出た人は是非、チェックしてみてくださいね!

管理人

闇が深い漫画である。得体の知れない怖さを持つ響子。そして、それを上回るのではないかと感じさせてくれる優真の持つ闇。ダークなサスペンスヒューマンドラマの開幕である!

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『BookLive』にて取り扱い中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「サイコパス彼女」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。