きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【13話ネタバレ】仲直りする二人に心が癒やされる!

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

漫画「きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます」第13話をご紹介!今回は前回で抱いたユリウスの誤解が解けて二人が仲直りしていく内容!

一夜明けてわだかまりの残る二人。
そんな中でユリウスはエルサがボランティア教員をしている孤児院のシスターと対面。

そこで初めてエルサが教員をしている事を知っていきます。

エルサの背景を知って今回はエルサも孤児院もハッピーな展開。今までどこかのほほ~んとしてエルサも遂に自分の恋心に気づき始めていく事へ。

一時は二人が不仲になるかと思いましたが今回は太陽のような温かさで読者を包み込んでくれる幸せな内容に繋がっていきますよ!

この漫画は以下の電子書籍サービスで全巻無料試し読みが可能です。

試し読みする

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「きみを愛する気はない」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきますきみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【12話ネタバレ】誤解から夫婦仲の危機へ!?

きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【13話】ネタバレ

ユリウスと会話が出来ないまま一夜が明けてしまったエルサ。身体を起こして庭先で野菜の収穫。

調理場へ持っていくとシェフ達からユリウスが今朝早くに出勤してしまった事を告げられていく。一人で食事を食べて再び庭へ向かおうとするとメイドが声をかけてくる。

『エルサ様…この後もお庭へ行かれるのですか?』

今日は冷えるから止めた方が良いと止められるエルサ。彼女は土に触れていると落ち着く事を明かしていく。

しかし、この日はメイドの言った通り…庭の手入れは止めて自室で読書する事を選択。どこか寂しげなエルサ。

部屋に入るとユリウスから貰った髪留めを見ながら彼の事を思い浮かべていく。

場面はユリウスへ。
クールで冷静沈着。何事も完璧にこなすユリウスが凡ミスばかりしていく。

『少し休憩してくる』

自分でも頭を冷やそうと休憩へ入る事へ。休憩中…庭先を見ながらエルサの事を考えてしまうユリウス。

彼の中でエルサが目の前から消えてしまうのではないか…そんな不安が押し寄せていく。

『どうなさいましたか?』

うつろげな表情をしていたユリウスに孤児院のシスターが声をかけていく。

彼女は孤児院の運営増額の申請にやってきていた。窓口がわからなかったのでユリウスが案内する事へ。

談笑する中で孤児院の運営が切羽詰まっている事。そしてボランティアで教員をやってくれている女性がいる事を明かしていく。

『来て下さった教員の方…公爵家のご婦人なのですが…』

野菜が好きで園芸の話をよくするといった特徴を話すシスター。ユリウスにはその女性に心当たりがあった。

ユリウスは孤児院の教員をやっている女性について尋ねていく。

場面は孤児院へ。
多くの作業員がいて遂に閉鎖する事になったのかと焦る。

しかし、よく見ると孤児院の修理に着手していた。さらに子供達には新しい本や筆記用具が授けられていた。

『エルサ様…実は先日こちらのオーナーが変わったんです』

シスターが新しいオーナーをエルサに紹介していく。なんとユリウスだったのだ。

シスターから院内の案内をお願いされるエルサ。孤児院はロイアス公爵家で買い取った事を明かすユリウス。

同時にエルサは黙っていた事を謝罪。

『ボランティアのこと…すぐにお話せず申し訳ありません』

顔を上げるように伝えるユリウス。
今回の件は貴族の慈善事業にも繋がるので政治的なパフォーマンスにも好印象を与えるので負い目を感じる必要はないと。

そして今回をきっかけにユリウスも謝罪する。

街で男性と親しげに話しているのを見て接し方がわからなくなってしまったと…。

『そのような相手はおりません』

ヤルモとの件を誤解しているユリウス。エルサも否定。どう信じてもらおうか考えていると…ユリウスがエルサの髪の先に触れていく。

『エルサ…これからは誰にも触れさせないでほしい…許せそうにないんだ…髪の先でも』

エルサへのイケメン過ぎる愛情表現をしていくユリウス。

その言葉に頷くエルサ。
同時に彼女の中で身体に熱が広がっていく感覚を覚えていく。

自分の気持ちが恋している事に気付かないエルサ。抱く感情に自分はどうしてしまったのかと混乱していくエルサであった。ここで第13話は終了。

きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【13話】感想

自身の本音を吐露していくユリウス。その言葉がイケメン過ぎて痺れます!

そして恋する感情をまだ知らないエルサ。
ユリウスの言葉で胸キュンして苦しくなるのですが…それが恋だと気付いていないんですよね。

お互いが想い合っているのですが素直な言葉を伝えられない二人。天然の鈍感娘であるエルサも遂にユリウスへの恋心が芽生えていくので一層二人の距離が親密になっていきそうですね。

どちらも嘘がない誠実な人間なので恋路を応援したくなってしまう魅力のあるキャラクター達です。今回で仲直りも出来たようなので本当に読者として良かった!今後の展開も続きが気になってしょうがない漫画です!

この漫画は以下の電子書籍サービスで全巻無料試し読みが可能です。

試し読みする

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「きみを愛する気はない」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

\\ NEXT //
きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【14話ネタバレ】意外性のある過去が明かされる!

↓↓↓以下でネタバレをまとめています↓↓↓
きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【ネタバレまとめ】最新話から最終回まで更新中!