足掻く【6巻ネタバレ】次なにして遊ぶ…いじめられ女子の覚醒が痛快!

足掻く(6巻)

菊池直恵先生が描く漫画「足掻く」最新刊となる第6巻の配信がスタート。

6巻から新しいエピソードが開始されていく。舞台は人の死を予知できる少年が通う中学校である。この学校でいじめられている女子生徒・早川秀美が今回のメインキャラ。

自殺を図ろうとする秀美に立ちはだかる少年。秀美の心を見透かすように言葉を伝えていく。

少年の言葉を受けて秀美の中で何かが芽生えていく。そして秀美はいじめっ子相手に逆襲をしていきます。痛快な内容に仕上がっている6巻。

早速、内容を見ていきましょう!

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『BookLive』にて取り扱い中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「足搔く」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

足掻く(5巻)足掻く【5巻ネタバレ】謎の二人組は死を予知できる能力があった!?

足掻く【6巻ネタバレ】

足掻く(6巻)

人の死を予知できる能力を持つ少年が通う中学校。この学校の2年3組に在籍する早川秀美といった少女はクラスメイトの女子から陰湿な圧力を受けていた。

いわゆるイジメである。

担任教師もイジメがある事をわかっていながら見て見ぬ振りをしている様子が描かれていく。放課後になるとイジメ女子二人に校舎裏へ連れて行かれる秀美。

2年2組のイジメ男子二人も合流。そこで男子の暴力を受けていく秀美。そんな様子を見ながら大笑いするイジメ女子達。

この日の「遊び」と称したイジメが終わるとイジメ女子は秀美の耳元で囁く。教師にチクったらぶっ殺すと…脅しである。

秀美を残して退散していくいじめっ子グループ。

起き上がった秀美は校舎に戻って上履きを履いて屋上に出て行く。フェンスに手をかけてフェンスをよじ登ろうとする秀美。

背後から声をかけられる。
相手は予知ができる少年である。彼はこんな所で飛び降りて欲しいと頼み込んでいく。屋上へ出入り出来なくなるからである。

自殺を止めるつもりもない少年。しかし、一つだけ忠告をしていく。

『遺書、書いてないだろ?』

飛び降りる理由をしっかりと遺書に書き残しておいた方が良いと伝える少年。

『イジメを苦にして自殺したと思われるよ』

この日、秀美が自殺することはなかった。自宅へ帰る秀美。帰宅してきた姉を出迎えようとする弟の秀人であったが母親から制止させられる。

早川家で秀美は「どうでもいい子」だったのだ。

自分の部屋に戻って机に座り込む秀美。屋上での出来事を思い返し、屋上で出会った少年に対して思った事が口に出て行く。

『…誰?』

翌日、イジメ女子二人が秀美に絡んでいく。秀美は上履きを隠されていた。3組の教室に入るのかと思いきや、通り過ぎて2年2組の教室に足を運ぶ秀美。

イジメ女子二人に予知少年の方を指差して『誰?』と尋ねていく。

秀美が喋ったのを初めて聞いたイジメ女子。驚きつつ、2組の仲間であるイジメ男子に予知少年の事を尋ねていく。彼らもまったく素性を知らなかった。むしろ名前さえ知らない。

何も情報を得られなかった秀美。
そのままいじめっ子達を無視して3組へ戻っていく。

一方、いじめ女子は秀美の反応を見て『いい事思いついちゃった』と悪巧みを考えていく。そして下校時間の午後3時30分。

いじめ男子二人に呼び止められる予知能力を持つ少年。校舎裏に連れて行かれる。そこには秀美といじめ女子二人が待ち構えており、イジメ女子は秀美を煽っていく。

『あいつの事好きなんでしょ?コクっちゃいなよ!』

しかし、その前に秀美のウザったい髪の毛をカットしてあげるとおせっかいを焼いていくイジメ女子。持っていたハサミを手に「美容院ごっこ」と称して秀美の前髪をバッサリとカット。

中途半端なカットの仕方をして笑ういじめっ子達。

すると少年が動く。
秀美に近づいていき、耳元で呟く。秀美の核心をついていく少年。彼女は自殺をしようとした理由はイジメではなく、自分が空っぽだったからである。

『今は違うだろ…だったら好きにしなよ』

少年の言葉を聞いて頷く秀美。
いじめ女子のもとへ向かっていき、手に持っていたハサミを奪い、いじめ女子の髪をバッサリとカットしていく。

予想外の秀美の行動に驚くいじめっ子達。

『美容院ごっこでしょ?』

『いくらごっこでも下手すぎ…やるならちゃんとやって』

今までまったく反抗すらしなかった秀美が反抗してきて、さらにやり返してくる事に恐怖を抱いていくいじめっ子達。

さらに秀美は自ら自分の前髪をカットしていく。長かった前髪をカットして表情がわかるまで短くする。そしていじめっ子達に対して一言。

『で?次は何して遊ぶ?』

6巻は終わりである。

足掻く【6巻の感想】

足掻く(6巻)

秀美の気持ちを見据えて核心を突く少年。
彼の言葉に触発されて、秀美の中で何かが芽生えていく様子が描かれる第6巻。まず、いじめっ子達に立ち向かう姿勢を見せていく。

次巻も彼女主体で展開されるのか…。
6巻の終盤はかなり気持ちが良い展開である。このままいじめっ子達のさらなる鼻をへし折ってもらいたい。

そして謎過ぎる少年。

読者も秀美と同じように彼を「一体何者?」といった目線で見てしまう事は間違いない。面白いが謎が深まっていく漫画「足掻く」今後も注目したい漫画である!

興味が出た人は是非、チェックしてみて欲しい。

管理人

前巻で判明した「あの人」なるキーマンは秀美なのだろうか…。今後の展開も楽しみ過ぎな漫画の一つだ!

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『BookLive』にて取り扱い中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「足搔く」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

足掻く【7巻ネタバレ】予知できる少年と帽子男の関係が明かされる!?

↓↓↓以下でネタバレをまとめています↓↓↓
>>足掻く【ネタバレまとめ】最新巻から結末まで更新中!