監禁区域レベルX【4話ネタバレ】サイと対峙する少年…勝機はあるのか!?

監禁区域レベルX

meshe先生と大石ロミー先生のタッグで描かれる漫画「監禁区域レベルX」第4話。

今回、修平が自身を囮にしてサイのヒントがあるかもしれない最上階に涼花を送り込んでいく。音に反応するサイを引きつけていく修平。無事に40階に辿り着けるのか。

4話で描かれる終盤の内容。実は第1話の冒頭で描かれるシーン。サイは一体何者なのか…二人はサイから逃げ延びて安息の地は待っているのか…。早速、第4話の内容を見ていきましょう!

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『BookLive』にて取り扱い中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「監禁区域レベルX」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

監禁区域レベルX監禁区域レベルX【3話ネタバレ】新たなサイの脅威に成す術なし!?

監禁区域レベルX【4話】ネタバレ

監禁区域レベルX

サイに殺されて再び時をループする涼花。同じ部屋。同じ時間。そして修平から連絡が入る。涼花は自分がループしている事を伝えると修平は彼女の言葉を信じていく事へ。

『ループもサイも信じがたいけど…でも涼花が言うことなら信じるよ』

修平からの言葉が嬉しくて照れる発言をする涼花。

『今の修平も前回の修平も私を信じてくれて嬉しいなと思って』

そんなやり取りをした後、涼花は一つだけ手掛かりを掴んだ事を明かしていきます。

修平にマンションの階数が増えていた事を告げる涼花。二人が住むマンションは38階建て。しかし、サイから逃げる中でエレベーターに乗った涼花はマンションの階数が40階になっていたと明かしていきます。

増えた階数とサイには何か関係性があるのではないかと指摘する修平。

『もしかしたら最上階に何かサイのヒントがあるかもな』

涼花も修平と同じ考えを抱いていた。とにかく40階に行かないとわからない。脱出を目的としていた二人の意識は変わって40階を目指す事へ。

しかし、今回のサイは音に反応して人間が探すタイプ。物音を立てる事が出来ず40階までの道のりが相当に厳しいと涼花は伝えていきます。

すると修平は自ら囮を買って出る事へ。
自分がサイを引きつけている間に涼花は40階を目指すように指示。二人は作戦を決行していく事へ。

作戦の概要を伝えていく修平
涼花は上へ。自分は下に向かい、そこで音を立ててサイを下階に引き寄せるといったものであった。修平を心配しつつも他に手がないので作戦を決行していく両者。

階段を下っていく修平。
涼花から新しいサイの概要を聞いて内心では相当に恐怖を感じていく。サイとは何者なんだ…そんな事を考えつつ、涼花とはチャットでやり取り。彼女は現在31階。修平は6階。

そんな時、手を滑らせてスマホを落としてしまう修平。

その物音で場所を察知したサイは壁を破壊して修平の前に姿を現していく。彼からの返事がなくなって心配になっていく涼花。

『返事してよ…修平…無事なの?』

一方の修平。
追いかけてくるサイから逃げ回っていた。

『あんなやつに殴られたらひとたまりもない』

サイの恐怖から逃げているとサイが壊した壁を発見する。利用して逃げ回りながら修平はエレベーターを発見。31階までエレベーターを上げていく。

出ると目の前にサイが迫っていた。
股下をかいくぐって何とか攻撃を躱す修平。逃げる途中で涼花に連絡を入れる。エレベーターを送ったから乗って40階を目指して欲しいと。

サイはエレベーターの駆動音に気を取られていく。このままでは涼花の方に行ってしまう。それを阻止したい修平。最後に一発かますと涼花に告げてサイと対峙する事を決意。

木刀片手にサイの目の前に出て行く。

『ただ殺されてたまるかよ、いたちの最後っ屁だ!涼花の所へは向かわせねぇ!』

ここで第4話は終了。

監禁区域レベルX【4話】感想

監禁区域レベルX

未だにサイの謎が解けることはないが、階数とサイの本体の数は関係性がありそうだと指摘されていく。また人型のサイはやはり2体目のサイといった扱いをされているので、1体目のサイがどこかにいるはず!?

同時に4話終盤の場面は1話の冒頭で出てきた場面になっている。その通りあれば40階到着と同時にサイは涼花に追いついて彼女を殺していく事へ。

まだまだサイの全貌が明かされるには時間がかかりそうですが、今後の展開も楽しみでしょうがない漫画。興味が出た人は是非、チェックしてみてください。脱出系ホラーサスペンスといった具合の漫画です。

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『BookLive』にて取り扱い中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「監禁区域レベルX」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。