監禁区域レベルX【1話ネタバレ】封鎖されたマンションに取り残された女子高生の脱出劇!?

監禁区域レベルX

漫画「監禁区域レベルX」は作画:meshe先生、原作:大石ロミー先生のコンビで描かれる作品。主役兼ヒロインになるのが鶴見涼花(つるみりょうか)といった女子高生。

物語として彼女の住むマンションに地球外生命体であるX(サイ)と呼ばれる化け物が寄生。涼花はマンションからの脱出を図るも何度も死んでは時間が巻き戻り、最初からやり直し状態になっていく。

この漫画はe-Storyアプリ「peep」で人気を博している作品をコミカライズ。まだ第1話と言う事もあって謎多き漫画だが、かなり今後の展開を期待させてくれる注目の漫画に仕上がっています!

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『BookLive』にて取り扱い中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「監禁区域レベルX」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

監禁区域レベルX 登場人物

監禁区域レベルX

第1話時点で登場人物は主役である鶴見涼花。そして幼馴染である男子高校生の修平である。

また涼花がメッセージをやり取りする相手として彼女の母親が1話で登場してくる。

監禁区域レベルX【1話ネタバレ】

監禁区域レベルX

マンションのエレベーターに乗る涼花。メッセージチャットで修平とやり取りをする。修平は「最後に一発かましてやる」といったメッセージを残す。

修平も一緒に…
そんなメッセージを送る涼花であったが、それは難しいと返信。不吉な音と共に早くエレベーターが始動して欲しいと願う涼花。

不吉な音が涼花の足元で止まると同時にエレベーターの床から腕が突き抜けてきて涼花はもみ潰されていく…。

マンションに寄生する謎の化け物!?

場面転換。
自宅ベッドの上で目が覚める涼花。姿は制服のまま。そしてスマホを覗くと母親から24件の着信が入っていた。

母親に電話をかけなおす涼花。

母親は涼花に複数の忠告をしていく。電気をつけてはダメ。音を立ててはダメ。カーテンを開けてもダメ。そして自宅マンションには「X(サイ)」なる生物がいると伝えてくる母親。

サイは未知の生物でマンションの屋上にいると意味不明な事を伝える母。まったく信じない涼花はカーテンを開ける。

すると目の前に異様な生物の触手のようなものがマンション全体に纏わりついていた。触手は涼花に気づく。

そして涼花に攻撃。
たやすくガラスを割って涼花の顔半分を食いちぎるサイ。そのまま複数の触手が部屋の中に入ってきて涼花は刺されていく。

幼馴染は敵か味方か…!?

場面転換。
再び自宅ベッドの上で目が覚める涼花。先程の出来事はリアルな夢だと認識していく。しかし、スマホを見ると母親から24件の不在着信。

続いて地震のように揺れる雄叫びが聞こえてくる。緊張が走る涼花。母親からメッセージが送信されてくる。

『涼花、起きてる?』

この質問に涼花は『もしかしてX?』と返信。母親は涼花がサイの存在を知っている事に驚きつつ、マンションの屋上にサイがいる事を忠告していく。

先程とは違った情報を母親から聞く事になる涼花。マンションには幼馴染である修平もマンションに残っていると伝えられていく。

中学時代の修平とも思い出が回顧。
思春期で男女を意識するようになったのか中学3年生で二人は気まずい関係になっており、それ以来、ほとんど会話をしなくなっていた。

しかし、状況が状況なので涼花は修平にメッセージを送っていく。すぐに返信。サイの事を伝えると修平も父親からサイの事について忠告や説明を受けていた。

修平とやり取りしつつ、母親ともメッセージを交わしてく涼花。どうやらマンションの住人のほとんどは避難しており、残っているのはごく少数だと言う。

すると修平からメッセージ。
父親の様子がおかしくなったので涼花の所へ向かっていると伝えられる。その内容を母に伝えると修平との接触は避けろと母親。

修平はサイの種に侵されて操り人形化されていると忠告する母親。

『修平君に殺されるわよ』

玄関まですでに来ていた修平。ドアを叩いて涼花を呼び出していく。母親は抵抗しろと涼花に伝えていく。

『殺すのよ…修平君を…』

目の前で幼馴染が食いちぎられて巻き戻し…!?

片手に刃物を持って修平を出迎えていく涼花。

『無事で良かったよ…涼花』

そういって修平は涼花を抱きしめていく。腰が抜けてしまった涼花にマンションから逃げる事を伝える修平。まともな彼に安心して笑顔で修平の手を取る涼花。

次の瞬間。
修平の顔にサイの触手が食いついていく。そのまま顔が首からもげていく修平。

涼花の家にも触手が入り込む。

場面転換。
再び自宅ベッドの上で目が覚める涼花。

『そんな…また同じ…どうなってるの…サイって一体何なの?』

スマホには母親から24件の不在着信。再び建物が揺れる雄叫びが聞こえてくる。ここで第1話は終了。

監禁区域レベルX【1話の感想】

監禁区域レベルX

謎だらけの第1話であるが、掴みとしては手応え充分の内容ではないだろうか。今後も読み続けていきたいと思えた作品である。マンションからの脱出が最終ゴールなのか…。

それとも外の世界はさらに残酷で悲惨な運命になっているのか…。

パニック系ダークサスペンス・ファンタジー漫画が好きな人はかなり刺さる漫画ではないだろうか!興味が出た人は是非、取り扱いのある電子書籍ストアでチェックしてみて欲しい。

ちなみに自分は割引クーポンが毎日当たる「BookLive」にて購入した。価格は200円(税別)になっている。

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『BookLive』にて取り扱い中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「監禁区域レベルX」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

監禁区域レベルX【2話ネタバレ】残酷過ぎる現実と進化していく化け物…!?