甘えていいよ、満たすから【3巻ネタバレ】心の読めない男性にイカされまくっていく!?

甘えていいよ、満たすから

漫画「甘えていいよ、満たすから」第3巻をご紹介!

今回は同じ会社で楓に好意を抱く男性が登場。楓を誰にも渡したくない沖津。駆け引きが開始されていきます。そして沖津の身体が心配で彼の自宅を訪ねる楓。

再び男女の関係になって今回で遂に一線を超えていく二人が描かれていきますよ!甘く胸キュンするエッチシーンは注目!

この漫画は以下の電子書籍サービスで取り扱い有り!

試し読み可能!

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「甘えていいよ、満たすから」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

甘えていいよ、満たすから甘えていいよ、満たすから【2巻ネタバレ】ビクビクになる身体…擦れるだけでイッてしまう!?

甘えていいよ、満たすから【3巻】ネタバレ

甘えていいよ、満たすから

沖津への興味が日に日に増していく楓。社内でも注目される沖津。彼の噂話など「沖津」といったワードが出てくると耳が拾ってしまう状態へ。

そんな中、同僚達が沖津の身体を心配する声が聞こえる。

楓は様子も兼ねて頼まれていた資料を手渡しに行く事へ。そして遠回しに身体の心配をしていく楓であった。

『大丈夫ですよ』

彼の表情を見てドキッとする楓。そんな時、人事部の甲斐が楓を呼び出しに訪れる。甲斐の視線に気づく沖津。彼の表情を見た瞬間…沖津は楓との距離を近づけていく。

『先輩聞こえなかったんで…もう一度いいですか』

それを見た甲斐はスッと身を引いていく。

『分かりやす…』

ボソッと呟く沖津。どうやら甲斐は楓に好意を抱いている模様。場面は休日へ。やはり沖津の身体が心配で彼の住むマンションを訪れる楓。

インターホンを鳴らすが1分待てども出てこない。諦めて帰宅しようとすると突然、玄関が開く。

『先輩…俺に会いに来てくれたんですよね』

ヘッドフォンをしてて気づくのが遅れていた沖津。明らかにフラフラの状態であった。聞くとまともに食事をしていなかった沖津。楓はそんな事もあろうかと料理を作ってきてくれていた。

睡眠不足と栄養不足だろうか…。いつにも増して天然でボケる沖津。そんな彼を見てしっかりと睡眠を取れと伝える楓であった。

食事も与えてお暇しようとする楓。さり際に仕事面で沖津に頼っていることへ責任を感じていると告げる。

『俺がそう言いましたか?』

沖津は一度も迷惑とか思った事はないと。そもそも部署が違うから上司と部下の関係でもないと。

『俺にだけは甘えてよ』

楓を抱き寄せる沖津。嫌などころかもっと沖津のことを知りたいと思っている自分がいる事を認識していく楓であった。彼女もまた腕を回してそっと沖津を抱きしめていく。そこで沖津にスイッチが入る。

『今日は最後まで抱いてもいいですか』

抵抗せずに沖津を受け入れていく楓。ベッドの上へ移動して身体を重ね合っていく二人。股間を刺激されてトロかされていく楓。彼とのエッチは今までにないほど身体が敏感になってしまい本音が漏れていく。

『大丈夫だから…早く…早く変になっちゃいそうで怖い…』

あまりにも感じ過ぎて沖津が欲しいと甘えていく楓。そして遂に一線を超えていく二人。両者ともに身体はゾクゾクのビクビク状態。

『奥…疼いて…沖津君ので…イキたい…』

あまりにも気持ちよすぎて大胆になっていく楓。そんな彼女を見て沖津もさらに興奮。両者ともに昇天してフィニッシュ。

ピロートークしていく沖津。

『早く俺のこと好きになってくださいね』

楓の指に軽くキスをする沖津。その言葉を聞いて彼が自分に好意を持っているのではないかと沖津の気持ちに気づき始めていく楓であった。

甘えていいよ、満たすから【3巻】感想

甘えていいよ、満たすから

終盤は沖津と楓の濃厚なラブラブシーンが描かれていきます。トロトロのうっとり表情になる楓。そんな彼女を見てゾクゾクと高揚してどんどんスイッチが入っていく沖津。

日常とエッチシーンでのギャップが両者ともにあり、この漫画の大きな魅力の部分となっています。

そして今回は楓に好意を抱く甲斐といった男性も登場。これからどんな恋模様が描かれていくのか楽しみですね!

この漫画は以下の電子書籍サービスで取り扱い有り!

試し読み可能!

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「甘えていいよ、満たすから」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

\\ NEXT //
甘えていいよ、満たすから【4巻ネタバレ】嫌な祭りの思い出が楽しい祭りに上塗り…外で絡み合いもスタート!?