SNSに酔いしれる女たち【ネタバレ】キラキラ女子のヤバイ人間性を描く3エピソード収録!

SNSに酔いしれる女たち

SNSに○○女たちシリーズの最新刊となる「SNSに酔いしれる女たち」がリリース。今回は1冊に3作品の短編が収録。今回の収録されるエピソードを担当しているのはお馴染みの3人。

縛先生、美山薫子先生、廻先生のお三方。

エピソードのネタに関しては後輩の幸せに嫉妬狂いしていく女。気に入った男性が入ればSNSを突き止めて距離を縮めていく勘違い女。イイネ欲しさにルールを破っていくマニア女。

こんなヤバイ、イタイと思わせてくれるヒロインが登場して作品を賑わせてくれます。

SNSに酔いしれていく3人の女性達。絶望を見るのか…それとも希望を見出していくのか…各エピソードの内容を以下でご紹介していきます。ネタバレを含むので、ネタバレされたくない人は取扱のある電子書籍ストアにて先にチェックして読んでみて下さいね☆彡

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『BookLive』にて先行配信中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「SNSに酔いしれる女たち」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

SNSに凍てつく女たち
SNSに凍てつく女たち【ネタバレ】SNSに蔓延るヤバイ・イタイ女に制裁&天罰!

SNSに酔いしれる女たち【ネタバレ】

愛され女の憂鬱

縛先生の描くエピソード。ヒロインはサエ。
自身の恋愛に不安の影が漂う中、サエは会社の後輩であるしおりから恋愛相談を受ける事へ。後輩からしたら姉貴的存在であるサエ。何かと頼られては適切なアドバイスを与えて、後輩を元気づけていく。

そんなサエを尊敬する後輩の一人であるカナ。

彼女は産まれてこの方、恋愛をした事がないとサエにカミングアウト。無難なアドバイスをしてカナに勇気を与えていく。その後、直ぐにカナに彼氏が出来る喜ばしい出来事が発生。

しかし、自分以外が幸せになっていく中でどこか心に影が覗いていくサエ。

ある日、カナから恋愛相談を持ちかけられるサエ。カナの話を聞いていくと相談と言うより、彼氏自慢に聞こえてしまったサエ。卑しい気持ちが入ってきて、カナを不安にさせる言葉で煽ってしまう事へ。

その夜、カナの相談を反省する中、彼氏のサトシから連絡を受けるサエ。一方的に別れて欲しいと伝えられて破局を向かえていく。自分だけが不幸になっていく中、後輩達は彼氏と幸せ一杯のSNS投稿。

完全に心がドス黒く染まっていくサエ。
翌日になると人が変わったように後輩であるマリ、しおりの恋愛に対して不安を煽っていく事へ。あまりの変貌ぶりに後輩から怖がられて、避けられるサエ。

最後のターゲットにカナを狙っていく。
サエは確証のない彼氏は浮気をしている発言。ご立腹になっていくカナ。度が過ぎた為、普段はおしとやかなカナであったが本気でサエに対して怒りを露わにしていく事へ。

予想外のカナの反応に反省していくサエ。
彼女に弱音を漏らしていく。周りが幸せになっていく中で自分だけ不幸になっていくのが許せない…。心の内を明かしていくと、カナはそんなサエに手を差し伸べていく。

カナの優しさに触れ、意地悪発言を謝罪。最後は先輩、後輩といった立場ではなく、友人として恋愛相談に乗って欲しいとカナにお願いしていくサエ。

『もちろん!』

笑顔で応えるカナ。女の友情が芽生えて終わりを告げていく。

みんな私を好きになる

自分大好き、可愛いと絶対的自信を持つモモカがヒロイン。描くのは美山薫子先生。街をブラブラしつつ、喫茶店に入るとモモカは高校時代の同級生である純と遭遇。

純は大学の後輩である祥平の相談に乗っていた。

イケメンボーイの祥平が気に入ったモモカ。直ぐにアピールを開始していく。祥平との会話の中で彼に繋がるヒントを模索していくモモカ。その後、SNSを活用して彼のアカウントを自力で発見するモモカ。

フォロー&DMにてSNSでも祥平にアプローチを開始していく。

SNSのコメント欄やメッセージでやり取りをしていく2人。
モモカは祥平のメッセージ内容から彼は自分の事を好きになっていると判断。妄想が捗っていく。そして祥平は暇アピールをするSNS投稿。

これはグイグイ踏み込めるキッカケのチャンスだと捉えたモモカ。祥平が暇している場所を探し当てて『来ちゃった♡』と一言。喜ぶ所か困惑の表情を浮かべていく祥平。

モモカに対して面倒臭い女である気質を見抜いた祥平。そそくさとモモカから離れていく。そしてグイグイと距離を縮めようとしてくるモモカが嫌で純に相談する事へ。

純からもらったアドバイスは彼女とのツーショット写真をSNS投稿して「彼女いるアピール」をしてモモカに諦めてもらう事であった。

祥平に彼女がいた事を知るモモカ。
諦めるかと思いきや、彼女は違った。彼女の頭の中では祥平は彼女の事が好きではないと解釈していく事へ(笑)意味不明である。

さらにモモカのアプローチは激化。
待ち伏せして現彼女との別れを後押しする発言をしていく。唖然として言葉が出ない祥平。モモカを初めて見る生き物のように捉えて硬直してしまう。

そんな時に純が駆けつけて、助け舟を出していく。

祥平は大好きな彼女がいるから、モモカが付け入る隙はないと説明。しかし、理解しないモモカ。埒のあかない純は高校時代のグループチャットのメッセージ欄をモモカに見せていく。

昔からこんな調子なのでクラスメイト全員から嫌われていたモモカ。のけ者扱いされていた事を知ったモモカはショックで自分自身と向き合うも、結果的に改心する事はなく…。

SNSで気になった男性を発見したモモカ。
暇アピールをしていたので新たなイケメンの場所へ向かっていく。終わりである。

イイネ≠好き

廻先生が描くエピソード。ヒロインはレトロ喫茶店マニアの女子大生・素子。レトロ喫茶の内観などを撮影してはSNS投稿していた素子。完全に自己満足のSNSを楽しんでいた。

そんな彼女の撮った写真に興味を示して声をかけてくるのが桜庭蛍。大学一の美人であり、秀才。そして金持ちと非の打ち所のないハイスペック女子大生。信者も数知れず。

そんな彼女にSNSをフォローされ、イイネされていく素子。

今まで経験した事のないフォロワー増加、沢山のイイネでスマホの通知が鳴り止まない状況になっていく。最初は困惑したが、理解されなかった趣味が理解されるようになり、写真を観てもらってイイネされる喜びの快感に目覚めていく素子。

いつしか彼女の目的はイイネを稼ぐ為にレトロ喫茶の投稿をするようになっていく。

イイネ稼ぎの為に写真を撮っている事に気づく蛍。彼女は自分の主張を伝えていく。イイネ稼ぎの写真より、以前の喫茶店が好きで撮っていた写真の方が好きであったと…。

痛い部分を突かれた素子。
しかし、蛍の忠告を無視して再びイイネ稼ぎの為のSNS投稿を開始していく。

次第にフォロワー、イイネの数が減っていく事に気づく素子。蛍の言葉が脳裏を過るが無視。イイネ減少の原因は店にあると判断した素子。新しいレトロ喫茶に足を運んで撮影しようとするも貼り紙に「撮影禁止」の文字。

切羽詰まっていた素子は撮影禁止に関わらず、隠れて店内を撮影。SNSに投稿してしまう。

これが大問題となる。
喫茶店のルールを破り、撮影していた事がバレる。さらに大学側からもお叱りを受ける素子。担当教員の次やったら停学…退学といった脅しに心がすくみ震え上がっていく。

ショックで気を落としている素子の背後には写真を絶賛してくれたキラキラ女子軍団が訪れる。素子に気づいていないキラキラ集団は旬の過ぎた素子のSNSを痛烈にディス。

ショックで泣いていると蛍が現れる。
素子の写真を貶すキラキラ女子集団を咎めていく蛍。

その後、素子と対面した蛍は素子の写真に対する気持ちを伝えていく。イイネ稼ぎをする以前の素子の写真が好きだと伝える蛍。その言葉に救われ、大切にしていた気持ちを取り戻す素子。

大切な人に気づいた素子は心を入れ替えて、気づかせてくれた蛍に感謝を伝えて、幕閉じとなる。

SNSに酔いしれる女たち【感想】

SNSに酔いしれる女たち

今回も安定した面白さを届けてくれた「SNSに○○女たち」シリーズの最新刊。SNSの表面はキラキラした生活に見えるが、その裏側を描いたオムニバス集。

間違いなくSNS系漫画でトップクラスのストーリー、画力、リアルへの忠実度を誇っている作品。キラキラ女子の裏側、苦悩や葛藤、人間ドラマが漫画を通して体験できる作品です。是非☆彡

管理人

今回も3作品全部が面白かった。特に美山薫子先生が描いた「みんな私を好きになる」ヒロインのモモカは本当に理解不能な思考をしているので注目して読んでみて欲しいエピソード。あれはヤバイ(笑)

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『BookLive』にて先行配信中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「SNSに酔いしれる女たち」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。