サイソウフレンズ【17話ネタバレ】キヨと春名の友情関係が修復される!?

サイソウフレンズ

江唯みじ子先生が描く漫画「サイソウフレンズ」第17話。

今回はキヨと春名の関係がクローズアップ。黒井の中にいる薊の策略によって悪薊グループは徐々に亀裂が入っていく。そして悪薊の標的にされたキヨ。

一方で昔と変わらず人を陥れるような黒井薊のやり方が気に食わない自由太。怒りを感じていくが…。

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『BookLive』にて先行配信中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「サイソウフレンズ」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

サイソウフレンズサイソウフレンズ【16話ネタバレ】黒井の命を狙う犯人は3人に絞られていく!?

サイソウフレンズ【17話】ネタバレ

キヨと薊の噂でざわつく教室。二人だけの秘密が手紙を通してクラスメイトに拡散されていく事になる。詳細は第16話を参照。

薊を追いかけて自分の潔白を証明しようと伝えるキヨ。

『じゃーあの時、誰かが覗き見してたのかもね…じゃなきゃBGMなんて知ってるわけないもんね…私とキヨ以外…』

自由太は昨夜に黒井雪からある事を伝えられていた。

『武藤さんは武藤さん、薊さんは薊さんとして一度見てみて、きっと薊さんに対する印象が変わるよ』

しかし、自由太の黒井の中にいる薊に対する印象は良くなかった。高校時代の薊も黒井の中にいる未来の薊もどちらも自分の事しか考えていない人間だと考える自由太。

そんな時、キヨと春名が喧嘩している現場に遭遇。

『こんなやり方してお前恥ずかしくないのか』

キヨが春名に対して怒る。
しかし、春名は都合のいい時だけ友達ヅラするような奴の方がよっぽど恥ずかしいだろとキヨに伝えていく。

何も言い返せず、掴んだ手を離して立ち去っていくキヨ。

黒井、ノリコ、自由太達の存在に気付く春名。話題の手紙も黒井達の仕業である事は勘付いていた春名。そこで黒井の中の薊は尋ねる。

『なんでキヨに否定しなかった?あんたが裏切ったって勘違いしてるのに』

春名は伝える。
既にキヨと薊の秘密は黒井達に話した時点で自分はキヨを裏切っていると…。そう言い残して教室へ戻る春名。

そんな春名を追いかけてお節介をやく自由太。

二人は中学時代からの親友。このまま壊れた関係性でいいのかと伝える。そんな話をしながら教室へ。そこは修羅場と化していた。

他クラスにもキヨと薊の噂は広がっていた。夏休み当時に付き合っていた元カノがキヨを訪ねており、彼にブチ切れ状態であった。

『夏休みは私と付き合ってた時期だよね?お前最低じゃん、浮気してたんじゃん!』

キヨに対する冷たい視線が教室中から注がれていく。高校時代の薊の怒りも完全にキヨに注がれて黒井やノリコに今は眼中なしといった状態。

一人になったキヨに接触する黒井の中の薊。

『後悔してる?春名を見捨てて傷つけた事』

黒井薊はキヨの耳元である事を伝えていく。そして彼を一喝。困惑するキヨ。すると瑠衣が現れて呼び出される。

校舎裏で瑠衣は真相を訪ねていく。
キヨは薊との関係を話したのは唯一、春名だけだと伝える。今回の件も恐らくは春名だと瑠衣に伝えていくキヨ。

バツの悪そうな表情を浮かべる瑠衣。薊が現れる。キヨから伝えられた事を薊に伝言しようとするとキヨが切り出す。

『オレです、オレが書きました』

自由太が急いで春名を呼びにやってくる。

キヨが薊に呼び出され、男子達に取り押さえられて制裁されそうになっている事を伝える。しかし、もう自分には関係ないと話すキヨ。

自由太は付け足していく。
キヨはあの手紙を書いたのは自分だと薊達に伝えたと…。違うのに誰を庇って自分の責任にしたのか…。そんな事を仄めかしていく。

それを聞いてキヨのもとへ向かう春名。同時に黒井薊とノリコも春名を追いかけていく。

『キヨちゃんを放せ』

春名に言われると一斉にキヨを抑えつけていた手を放す男子達。

『ほら行くぞ、仲直りだっ』

走って薊から逃げる二人。そんな二人を追いかけるように指示を出す高校時代の悪薊。階段を駆け上がって追いかけてくる悪薊達。そこで黒井薊とノリコが登場。

化成肥料を階段にバラ撒いて滑って階段をあがってこれない細工をしていく。無事に薊達から逃げる事に成功するキヨと春名。

彼ら二人の笑顔を見て少しだけ黒井薊への見方が変わっていく自由太。

キヨは黒井薊と春名、ノリコ達が繋がっている事にここで始めて気付く。そして黒井薊に言われた言葉は思い出すキヨ。自分で言った言葉を思い出す黒井薊。

彼女は誰かを傷付けた時、最大の後悔を味わうのは傷付けた相手に許された時だとキヨに伝えていた。黒井薊の脳裏には黒井に許された時の映像が頭に思い浮かんでいく。

キヨに伝えた言葉が出てきのは…。

『ただの体験談』

そう伝えていく黒井薊であった。ここで第17話は終了。

サイソウフレンズ【17話】感想

キヨと春名の間にあった友情関係が復活。

今回は命を狙う犯人探しなどなかったがキヨが仲間になる状況へ。徐々に黒井薊の仲間が増えていき、良い感じに勢力を拡大していっていますね。

このまま仲間を増やして、最悪の過去を変える事が出来るのか…。そして黒井の中にいる薊の未来は大きな変化が訪れるんか。今後も期待の作品。

この漫画は「BookLive」で先行配信されています。是非、気になった人はチェックしてみてくださいね!

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『BookLive』にて先行配信中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「サイソウフレンズ」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

サイソウフレンズ【18話ネタバレ】黒井の命を狙う犯人とご対面!?

↓↓↓以下でネタバレをまとめています↓↓↓
>>サイソウフレンズ【ネタバレまとめ】最新話から結末まで更新中!