クズメン百鬼夜行【3巻ネタバレ】クズ男の心をへし折る痛快で爽快なOLの逆襲が描かれる!

クズメン百鬼夜行

漫画「クズメン百鬼夜行」第3巻をご紹介!

今回はクズ男こと堀畑を双葉が徹底的に突き放していく爽快な内容に仕上がっています。

彼氏面に匂わせ発言の連続で双葉の恋路を邪魔する堀畑。

彼への怒りが最高潮に達した双葉は堀畑と対峙。同僚達がいる前で痛快で爽快な一言を浴びせていき…彼の心をへし折っていきますよ!

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『BookLive』にて先行配信中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「クズメン百鬼夜行」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

クズメン百鬼夜行クズメン百鬼夜行【2巻ネタバレ】クズ男と交際しているガセ情報が出回ってしまう!?

クズメン百鬼夜行【3巻】ネタバレ

クズメン百鬼夜行

木村から自分が彼の事を嫌いだと言った話を聞いた事を伝えられる双葉。そんな事を言った覚えもない彼女は唖然としていく。

『なんで嫌いなんて話が…?』

心の中でモヤが広がっていく双葉。否定するが信じてもらえず。逆に木村からショッキングな言葉を受け取る。

『これからはその優しさ…彼氏の堀畑に向けてやれよ』

木村の話から根も葉もない噂は堀畑が吹聴した事が判明。こみ上げる双葉の怒り。

そして堀畑にコーヒーの差し入れを提供する双葉。彼女の怒りは最高潮に達していた。

持っていたコーヒーカップを堀畑の前で叩きつける。オフィスに陶器が割れる音が響き渡り、同僚達が注目。

『素直にアンタが嫌いって言う気になったわ』

田中さんや社長も駆けつけてきて喧嘩は止めるように伝える。しかし、双葉の静かなる怒りは留まる事を知らない。

コーヒーの入ったガラス容器を堀畑に向けて中の液体をかけていく双葉。

その双葉の大胆な行動に田中さんも社長も仰天。さらに堀畑とは同僚以外の何者でもないと交際をキッパリ否定していく双葉。

『コイツが皆さんに何言ったか知りません』

前置きした上で堀畑を指差して「コイツが大嫌い」だとはっきり物申していく双葉であった。

双葉の言い分を聞いて堀畑が嘘を吹聴していた事がバレていく。言い訳できないと感じた堀畑が口を開く。

『ごめん…だって俺…お前が好きだから…』

赤面して告白していく堀畑。
何も感じない双葉。逆に軽蔑した視線で彼を見下していく。

プレゼントでもらったアクセサリーを投げつけて返す双葉。そして彼を徹底的に突き放す言葉を放っていく。

『好きって言葉にすがってんじゃねーよ…このクズ男が』

堀畑にとって精神的な大ダメージを与える言葉。跪いて唖然とする堀畑であった。

一方、二人の関係を誤解していた同僚達が双葉に謝罪。同時に双葉もオフィスを騒がせてしまった事を深く謝罪していく。

『この職場もみなさんも好きだからこそ…どうしてもわかってもらいたくて』

一連のやり取りを見ていて誤解が解けた木村。

双葉に近づいて堀畑の言葉を信じてしまった事を謝罪。お詫びも兼ねて食事に誘おうとする。

『いえ…大丈夫です』

双葉の中で木村が自分の言葉を信じてくれなかった事が最大のショックであった。そして彼への気持ちが醒めてしまっていたのだ。

木村は土下座して謝罪。

自分の本心と気持ちを吐露していく。実は木村も双葉に対して好意を感じていた。自分は臆病風に吹かれていたと…。

誠心誠意の謝罪を見せてもう一度チャンスを与えて欲しいと告げる木村。

『仕方ないので…今日の夜ごはん…木村さんのおごりなら…ちょっとだけ考えてあげないこともありません』

双葉からチャンスを貰えた事で笑顔になる木村。一方、双葉から盛大にフラれた堀畑。ショックから仕事も手につかない状態で項垂れていた。

ここで第3巻は終了。

クズメン百鬼夜行【3巻】感想

クズメン百鬼夜行

やっと双葉がクズ男に対して痛烈な一言を浴びせてくれましたね!最高に気持ちが良いので是非、チェックしてみてくださいね!

これで恐らくは双葉を主役にしたエピソードは終了。次巻があるなら新しい登場人物に新しいエピソードが展開されていくと思います。

毎回、このくらい気持ちが良い結末を迎えるエピソードならずっと読んでいきたいですね!

世の中に跋扈するクズ男を忠実に描いていく作品。最終的にはクズメンをギャフンと言わせてくれるので読後感は最高!気になったら取り扱いのある電子書籍ストア「BookLive」をチェックしてみて下さい!

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『BookLive』にて先行配信中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「クズメン百鬼夜行」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。