19歳の夏休み【7巻ネタバレ】女性の身体に触れて下半身から強烈な衝動がこみ上げていく!?

19歳の夏休み

BSさんの描く新作漫画「19歳の夏休み」第7巻をご紹介!

ミエから提案されたお触りゲーム。
ここで大介が新しい一面が描かれていきます。恐らくは父親譲りのプレイボーイとしての血が騒いでしまう大介。彼の高ポテンシャルな片鱗が見え隠れする事へ。

そして夏休みに伊江島で会おうと大介にメールを送った人物…これが第7巻の終盤で明かされていく事へ!

エロ有り…ヒューマンドラマ有りで今回も面白い!

この漫画は以下の電子書籍サービスで取り扱い有り!

試し読み可能!

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「19歳の夏休み」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

19歳の夏休み19歳の夏休み【6巻ネタバレ】身体に触れるか…我慢するか…最大の選択を迫られる童貞主人公!?

19歳の夏休み【7巻】ネタバレ

19歳の夏休み

『なんで触らないの?』

魅力的な身体を前にして触れてこない大介に少し怒りを感じていくミエ。

そう思った矢先…腰回りに大介の手が伸びていく。柔らかいミエの腰回りに感動を覚える大介。

『この顔…最高!』

大介の表情からは緊張と興奮が伝わってきていた。ウブな彼のそんな表情が可愛くて堪らないミエ。同時に大介の股間をギュッと握りしめていく。

次第に大介は暴走。
水着をズラしてミエの胸を揉みつつダイレクトに乳首へ触れていく。

『いきなり乳首とか…思ったよりも積極的ね…』

ミエの綺麗な身体を見ていると大介の下半身は強烈な衝動が押し寄せていく。それと同時にミエの身体に跨る大介。

胸にガッツいていく。

『何…顔つきが変わった…大介じゃないみたい』

そして大介は自分の股間をミエの股間に擦りつけてピストン運動。激しさを増す大介の腰振り。限界を向かえた大介はミエの身体に射精していく。

汚れた身体を取り敢えず海で洗うミエ。

『水着を着てなかったら本当にヤラれるところだった…なんて男なの…』

そう思うミエだが股間に感触が強く残っており…顔が赤くなっていく。その後、怒った雰囲気のミエは大介を置いて民宿へ戻っていく。

『う…やっぱり怒ってる』

それでも最後までヤルことなく我慢した事に安堵を覚える大介であった。

その後の大介はエロい夢ばかり見るようになって夢精やら収まらない朝勃ちを繰り返していく。

そして大介の日常へ。
翔太や晴子がいない時は里子が料理を作って振る舞ってくれる。

里子はサバサバした性格から島の人気者。大介がゲストハウスを手伝った時は宿泊客から告白までされるモテる女子でもあった。

本当に性格は男性っぽさがある里子。しかし、大人しく勉強している姿を見ると…。

『こういう時は美人で女性らしいのに…』

美人になった里子に見惚れてしまう大介。やがて本格的な夏休みシーズンへ突入。まだ登場して来なかった最後の友人である陸も伊江島に母親と戻ってくる。

陸の母親は美人。
そんな彼女に憧れていた翔太。アホな願望を陸に伝えていく。和気あいあいとして男性陣。

中学生、高校生も夏休みが開始されて紗月も伊江島に戻ってくる事へ。

『紗月の家庭教師…え~マジで羨ましい』

美人な紗月とお近づきになりたかった翔太。大介が彼女の家庭教師をやると知って羨ましがっていく。

そして大介の家庭教師生活も本格化。
若宮先生のお宅にお邪魔して紗月と再会。家庭教師として教えていく。

『紗月と書斎に行ってて…飲み物を持っていくから』

最後に若宮先生の回想。
大介に会いたいと伝えて伊江島へ来るようにメールを送ったのは若宮先生であった事が回想から判明していく。

ここで第7巻は終了。

19歳の夏休み【7巻】感想

19歳の夏休み

大介のミエの身体に触れて覚醒しそうになる場面は必見!

今後…彼が島の波乱を引き起こす引き金となりそうな匂いがプンプンとしていきます。また描かれるミエの身体も絶品なので男性読者はチェック!

そして男っぽい性格の里子。
実は滅茶苦茶可愛い顔を持つ女子。彼女と大介が今後どうなるのかも個人的に見所となりました!

最後はメールの送り主ですね。
まさかの先生だったとは…大介から彼の父親である遊真の片鱗を見たかったのか…何やら思惑がありそうで今後の展開が楽しみです!

この漫画は以下の電子書籍サービスで取り扱い有り!

試し読み可能!

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「19歳の夏休み」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

\\ NEXT //
19歳の夏休み【8巻ネタバレ】初体験の男の面影を見たかった先生…裏背景が明かされていく!?

↓↓↓以下でネタバレをまとめています↓↓↓
19歳の夏休み【ネタバレまとめ】最新巻から最終回まで随時更新中!