私が15歳ではなくなっても【2巻ネタバレ】正体バラしたら女子高生に脅されて絶体絶命!?

あむ先生が描く漫画「私が15歳ではなくなっても」第2巻をご紹介。

主人公である岩下は妻似の女子高生・シイナのパパ活相手に成りすまして彼女を引き留めてしまう。中年サラリーマンの歯車が狂い出す第一歩へ。

二人が向かった先は「とげちー」が予約していた超高級レストラン。正体を明かした岩下に待っていたのはシイナからの奴隷宣告であった…!?

この漫画は以下の電子書籍サービスで取り扱い有り!

試し読み可能!

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「私が15歳ではなくなっても」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

私が15歳ではなくなっても【1巻ネタバレ】2万円でお食事のパパ活に誘われていく中年サラリーマン!?

私が15歳ではなくなっても【2巻】ネタバレ

私が15歳ではなくなっても

最初に紹介しておくが妻似の女子高生はシイナといった名前であることが2巻で判明していく。ここからは彼女のことをシイナと称していく。

自身を「とげちー」だと偽ってシイナを呼び止める岩下。そしてお食事代として称して彼女へ2万円を手渡していく。

お金を貰うと屈託のない笑顔を見せるシイナ。同時に岩下はお金を渡して礼を言われた事に感銘を受けていく。

『急ぎましょうか!』

シイナに引き連れられて岩下は高級ホテルのレストランへ。途中で鞄を落としてしまう事態も…。

そして「とげちー」が予約していたホテル20階にあるレストランへ到着。

『お客様お名前は?』

岩下…心の中で終わったと感じる。しかし、シイナがとげちーと呼んだことで受付が察する。

『あっ棘地様ですね…お待ちおりました…こちらです』

特に怪しまれる事もなくて窓際のテーブル席に通される岩下であった。席に座って一度冷静になって状況整理をしていく岩下。

『この子は恐らく今流行りのパパ活というやつ…』

そう思いながら少しずつ探りを入れていく岩下。まずはシイナの年齢。彼女は15歳。岩下の娘である心彩と同い年であった。岩下も質問される。この時間まで仕事だったのかと。

『本当に偉い…』

近づいてきて頭を撫でてくれるシイナ。この感覚に岩下は新卒時代、風俗に溺れた時の感覚を思い出していく。そして彼女の目を見て気付く。

『この目…同じ…俺のことな見ていない…業務としての優しさ』

娘と同い年の子に何をさせているのか…。突如、罪悪感が出て来て正直な事を伝えていく岩下。自分は「とげちー」ではないとカミングアウト。

酒に酔っ払った体で魔が差して嘘をついてしまったとシイナへ伝える。

『は?』

最高に乾いた目と態度で岩下を見下すシイナ。彼に近づいて顔の横に足を蹴り上げていく。

『じゃあ警察に通報していいですか?』

突如、マウントを取っていくシイナ。大人と女子高生。売春されそうになったと言えば自分の勝利だと岩下を脅していく。

怯える岩下を尻目にしてある提案をするシイナ。

『これから私が呼び出す度デートしてください…いつでもどんな時でも』

ここへ来る途中…岩下は鞄を落としている。その時にシイナは彼の名刺を拾っており、勤めている会社や本名まで把握していた。

何も言い返す事ができない岩下。
ホテルの外に出るとタクシーもいない。土砂降りの雨であった。シイナは岩下の手を引っ張り、雨の中を走り抜けていく。

高架下のトンネルに辿り着く。
彼女の名前を尋ねる岩下。ここでシイナの名前を知ることへ。そして彼女は岩下に近づいていく。

『セックスしますか?』

ここで第2巻は終了。

私が15歳ではなくなっても【2巻】感想

私が15歳ではなくなっても

臆病過ぎる中年サラリーマンである岩下。このままいって彼は大丈夫なのかと心配になってしまう(笑)

そして意図のわからないシイナの最後の一言。
娘の同い年の子と岩下は関係を持ってしまうのか…背徳の愛に溺れるのか…それとも別の道で岩下とシイナは関係を深めていくのか…。

これからの展開に期待!

この漫画は以下の電子書籍サービスで取り扱い有り!

試し読み可能!

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「私が15歳ではなくなっても」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

\\ NEXT //
私が15歳ではなくなっても【3巻ネタバレ】15歳少女と熱海へ逃避行開始したが…!?