漫画「SNSに囚われた女たち」ネタバレ!SNSで拗らせるイタイ女達の人間ドラマ!

SNSに囚われた女たち

漫画「SNSに囚われた女たち」は青咲るそう先生、縛先生、ほの香先生の3人が1話ずつを担当する読み切りオムニバス作品。SNSにのめり込み過ぎた女性たちの末路や人間ドラマが描かれていきます。

SNS好きな女性はこの漫画に登場してくる人物達に共感できたり、恐怖を感じたり…はたまた周りにもこういった人いる(笑)…なんて思う部分があるかもしれませんよ!

この漫画は絵が非常に綺麗!そしてリアルなSNSトラブルを題材にしているのが大きな魅力となっています。

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「SNSに囚われた女たち」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

SNSに囚われた女たちってどんな漫画?

SNSを絡めた人間ドラマが繰り広げられていく作品。著者3人が各1話ずつを同じテーマで描いているのですが三者三様のSNSトラブルや人間ドラマを描いており、それぞれに楽しめる漫画。

今作ではSNSで上から目線のアドバイスを送る女、マッチングアプリで身の丈に合わない出会いを求める女、ハイスペック婚で手に入れた生活をSNSでチラ見せする女が登場。

意外な結末を迎えたり、不幸な終わり方を見せたり…またSNSを絡めたやり取り、トラブルが妙にリアルだったり…。

男性が読めば『女こぇ〜〜〜』と思うだろうし、SNS好きな女性が読めば共感や親近感が湧いたりしてくるかも…。どちらかと言うと男性より女性の方がこの漫画を楽しめて、わかりみが深いと思います。

漫画「SNSに囚われた女たち」ネタバレ

SNSに囚われた女たち

あなたは間違っている

このエピソードのヒロインは面倒見が良く、会社の同僚からお母さんのような安心感あると言われる中垣英美、33歳。彼女の趣味はSNSで目に止まった投稿に一言メッセージややり取りをしていく事。

その中で花枝(はなえ)と萌花(もか)といった母子のSNSに興味を抱いていきます。英美は花枝とSNSで頻繁にやり取りするようになり、萌花の様子を見守っていると親心が芽生えていきます。

そんなある日、萌花が風邪を引いたといった投稿が…。萌花の事が心配になった英美は必死でアドバイスを花枝に投稿していきます。しかし、返信もなく自分の言う通りに実践しない花枝に怒りが湧いてきます。

徐々に彼女のワンマン体質が露呈されていき、会社でも悪い噂が立つように…。

さらに英美は花枝・萌花に執着していきます。アカウントはブロックされてしまったので直接会ってアドバイスをしようと考える英美。花枝・萌花が参加するクリスマスイベントを突き止めて英美も参加。

会場で二人を見つけた英美は声をかけようとしますが、そこに一人の男性が現れます。彼は明良。英美の前夫でした。彼はSNSで迷惑女と話題になっていた英美を止めるべく登場。知られざる英美の過去を明かしていきます。

ここで読者は英美に裏切られるでしょう…ちょっとお節介なお母さん的存在の英美が実はクズ女であった事に…。最後は明良から核心を突かれて泣き落ちていきます。

地雷女にご用心

社内で地雷さんと呼ばれる寺井香、42歳。もちろん独身。そんな彼女の後輩である啓子は婚活の為、マッチングアプリを紹介されることに。先輩の紹介といった事で断る事もできなかったのでマッチングアプリを始めている啓子。

香のプロフィールを見ると原型を留めない盛り写真…相手への気配りなしな長文プロフィール。啓子はここで香が婚活で引っ掛けてはいかない女であり、地雷と呼ばれる由縁を理解していきます。

香からアドバイスを受けるも自分なりに誠意あるプロフィールや写真でマッチングアプリを楽しんでいく啓子。誠実そうな男性、サトシからアプローチがありデートすることに。

デート当日には香もマッチングアプリで知り合った男性と今晩デートである事を聞かされます。

そしてサトシと待ち合わせのレストランに入る啓子。イメージ通りの誠実な男性で良い感じの二人。ふと奥を見るとなんと香も相手とデート中でした…。しかし、何やら重苦しい雰囲気。そして男性は一人で店を出ていきます。

香のえらいもんを見てしまった啓子…。
そしてサトシと順調に交際を重ねていった啓子は婚約へ。香への婚約報告が気まずく言い出せずにいると香が啓子の左手くすり指の指輪に気が付きます。

ここで婚約報告をした次の瞬間…香の態度が激変…取り乱しながら啓子を突き倒して罵声を浴びせていきます。怖すぎ…(笑)

啓子は香の怒りを鎮める為、婚約に至ったのは先輩のおかげ…と感謝の気持ちを言葉にしていきます。少し皮肉交じりですが(笑) 啓子の婚約は自分の手柄だと勘違いした香はケロッと平常心へ。

地雷女の恐怖と扱いに慣れる啓子でした。

チラ見せ女の復讐

入社2年目で春菜はハイスペック婚…寿退社。そしてセレブとなった春菜はSNSが趣味になっていきます。しかし、彼女の同期達は春菜のSNSを『チラ見せチラコの間接自慢大博覧会」と小馬鹿にしていました。

その理由はハイスペック婚後の春菜のSNSは何気ない写真に必ずチラッとだけセレブ、勝ち組アピールをする自慢投稿になっていたのです。わざとらしいSNSに同期たちは呆れてフォローを解除。

ただ、彼女の上司であった結月だけは無理なお願いを聞いてもらった事、フォロー解除は可哀想といった気持ちもありフォロワーを続けていました。

そんなある日、偶然春菜と出会ってランチをすることになる結月。

旦那の金で買い物三昧な春菜は結月がフォロワーを続けてくれている事の感謝に結月が欲しがっていた新作化粧品をプレゼントすると言い出します。ただプレゼントする時の言葉が癇に障った結月はこれを拒否。

春菜はこれを強がりだと捉えて結月を侮辱する発言をしていきます。どこか少し的を得ている春菜の言葉に言い返すことができない結月…苛立ちと共に歯をグッと噛み締めていきます。春菜に言われた言葉が脳裏に残って苛立ちを隠せない結月…仕事にも影響が出てきます。

部下に八つ当たりしてしまう結月。
頭を冷やす為、外へ出ていきます。すると繁華街で春菜の弱みを握るネタを発見。それは春菜の旦那が浮気している現場を目撃。

春菜に泡を吹かせる為、結月は風景を撮る体で春菜の旦那と相手を写真に撮ってSNS投稿。結月のSNSを見た春菜はショックを受けてSNSを停止…さらに音沙汰がなくなっていきます。

春菜の存在を忘れかけていた頃、突然SNSアカウントが復活。結月に復讐に匂わせるコメントを発信していきます…。春菜の怨念を背中に感じてこのエピソードは幕を閉じていきます。

漫画「SNSに囚われた女たち」感想

SNSに囚われた女たち

SNSに翻弄され、拗れていく女性達を描いた「SNSに囚われた女たち」…SNS社会のイタイ女達のリアルが描かれていて非常に面白かったです☆彡

この漫画はSNS好きな人…周りにSNSにドハマリしてる人が居る〜なんて人にお勧めしたい一冊。まさにタイトルの通り「SNSに囚われた女たち」の醜態が晒されていきます!

管理人

今やSNSは人を壊すツールでもありますよね。SNSに囚われ壊れる人間の様が描かれており、ちょっぴり恐怖も感じる内容に仕上がっています!

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「SNSに囚われた女たち」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。