きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【6話ネタバレ】形式だけの結婚が見透かされてしまう!?

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

漫画「きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます」単話版の第6話をご紹介!

今回はエルサ主催のお茶会からスタート。ここで拾ったカフスボタンをエルサに返却していくセラフィーナ。やたらユリウスと親密な関係である事をアピールしたがるセラフィーナですが…。天然エルサに通じるのか…(笑)

終盤ではセラフィーナの兄となる新キャラが登場。セラフィーナよりも厄介そうな雰囲気を身に纏いエルサへ近づいてきます!

この漫画は以下の電子書籍サービスで全巻無料試し読みが可能です。

試し読みする

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「きみを愛する気はない」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきますきみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【5話ネタバレ】大切なオルゴールの修理に奔走!

きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【6話】ネタバレ

エルサはユリウスから許可を得てお城でお茶会を開催。招待した客人が到着。華やかなお茶会が始まっていく。自家栽培した野菜を利用したスイーツメニューを振る舞うエルサ。

和やかなムードでお茶会は進行していく。そしてセラフィーナも招いていたエルサ。彼女にも料理の感想を尋ねていく。

セラフィーナはエルサのしている髪飾りに着目。素敵であると褒めていく。

『ありがとうございます!実はこちら今朝…旦那様からいただいたもので』

髪飾りを貰った経緯を事細かに伝えるエルサ。その話を聞いて悪戯心が芽生えたのか…少し意地悪い言葉をかけていくセラフィーナであった。

『ユリウス様は女性に接するのに慣れている方ですから…気の利いた物を選んでくださいますわよね』

『わたくしもいろいろと素敵な物をいただきましたし』

ただ、天然のエルサに意地悪い言葉はまったく効かず…。お茶会も終了時刻へ。レベッカが去り際に挨拶。彼女はセラフィーナから何か言われていないか心配していく。

その後、セラフィーナも挨拶にやってくる。そこでユリウスの落としたカフスボタンをエルサに渡していく。

『以前、ユリウス様と二人でお会いした時にお忘れになっていきましたの』

ユリウスと親密な関係である事を誇示したいのか一言多いセラフィーナであった。そして、その夜。

『エルサ…遅くなってすまない』

彼女を尋ねていくユリウス。話を切り出そうとするとエルサも同じであった。掛け声がかぶる二人。エルサの用件から語らせるユリウス。彼女はカフスボタンを渡していく。

セラフィーナが届けてくれたと伝えるエルサ。ユリウスも落とした時の記憶が蘇っていく。そして探していたカフスボタンだったので見つかって良かったと心の底から思うユリウス。

そんな彼の姿を見て胸キュンしていくエルサであった。

『あっそういえば…午前中に仰っていたお話というのは?』

カフスボタンをなくした事をカミングアウトする予定であったユリウス。しかし、見つかったので用件がなくなった事を伝えていく。

ここでユリウスは未知の感覚に襲われていく。

エルサは何でも無い様子でセラフィーナやカフスボタンの件を話して来ていた。自分の事を恋愛対象として全く認識していないのではないかと考えるユリウス。

後日、エルサはラルト城に足を向けていた。
理由はユリウスが忘れ物をしたので届ける為。受付を済ませて初めて城の奥まで足を向けていく。

彼のいる執務室まで向かう途中、庭を発見。見たことのない植物に惹かれていくエルサ。

『お嬢さん…迷子ですか?』

声をかけてきたのはユリウス並にキラキラした男性・ヤルモ=パルニラであった。彼はセラフィーナの兄。

自己紹介をする二人。
彼もエルサがユリウスの婚約者だと気付いていく。ヤルモへユリウスとの縁を尋ねると学生時代からの同級生だと伝えられる。

『機会があれば是非、学生時代のユリウス様のお話を…』

エルサを面白い方だと述べるヤルモ。同時に彼も不思議に思っていた事をエルサに質問していく。

ユリウスとエルサは接点などなかったはず。どういった経緯で結婚に至ったのか尋ねてくるのだ。ヤルモはユリウスと自分が形式だけの結婚だと知っているのではないかと勘ぐるエルサ。

ここで第6話は終了。

きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【6話】感想

エルサからマウントを取ろうとするセラフィーナですが、天然エルサは彼女の意図がわからないので素直な返答。逆にセラフィーナを困らせていく事へ。この二人のやり取りは可愛くて凄く面白かったですね!

そして終盤。
セラフィーナの兄であるヤルモが登場。背景に大きな野心を抱えていそうな人物。

彼が結婚の経緯を尋ねてきた思惑は一体なんなのか。敵か味方か…。目の離せない展開へ差し掛かりました!

この漫画は以下の電子書籍サービスで全巻無料試し読みが可能です。

試し読みする

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「きみを愛する気はない」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

↓↓↓以下でネタバレをまとめています↓↓↓
きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【ネタバレまとめ】最新話から最終回まで更新中!