漫画「友食い教室」2巻ネタバレ感想!次々といなくなるクラスメイト…友食い連鎖は止められるのか…!?

友食い教室(2)

学園系カニバリズム漫画である「友食い教室」の最新刊となる第2巻の電子版が発売されたので早速読んでみました。既に1巻で40名ほどいた桜坂高校1-A生徒は残り31名まで減少。

2巻では主人公である天野翔太が感染者となり、ワクチンである腎臓をクラスメイトから奪取しようと悩み抜きながら奮闘をしていきます。

また意外に女子からモテる天野翔太。二人の女性と良い感じになっていき、翔太のラブストーリー的展開も始まっていきます。

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする
友食い教室
漫画「友食いゲーム」感想・ネタバレ!クラスメイトの身体を食す残虐ゲームの開始!

漫画「友食い教室」2巻ネタバレ

翔太が感染者と認定され、ドナーとなるのはクラス委員賞である田辺浩明。ワクチンとなる部位は田辺の腎臓であった。

翔太はダメ元で田辺にドナーであり、ワクチンを提供して欲しいとお願いする…。

優等生の化けの皮が剥がされていく…!?

クラス委員長である田辺は翔太の願いを聞き入れてくれる。しかし、腎臓を摘出するとなると高校生でしかも健康体の人間から腎臓だけ摘出する病院などないのではないかと現実を突きつけられてしまう。

しかし、そこへ助け舟。
病院の跡継ぎ息子である神木が自分の病院で話をつけてオペしようと言い出す。何かに焦った田辺は教室から逃走。追いかけていく翔太であったが田辺の本性を見ることになる。

お決まりパターンである田辺は優等生の皮を被ったゲス野郎。

口では良いことを言って内心は翔太を助けたいなど微塵も思っていないのだ。追いかけてくる翔太を押しのけて校門から出ようとすると田辺が破裂。

どうやら学校から出ようとするとペナルティによって「死」が訪れる模様。

そこへ神木が現れて田辺の死体から腎臓を摘出して翔太へワクチンを捧げる形になっていく。

新たな感染者で壊れる友情…!?

翔太は由紀の手伝いもあって田辺の腎臓を食すことになる。しかし、クラスメイトからは人喰いといった嫌がらせを受けるように…。

場面は変わって続いて感染者がメールで告げられる。次はブスギャルの亜衣といった女子生徒。ドナーは女の扱いが酷いゲス野郎である桜庭の肺がワクチンである。

亜衣の友人である奈緒が呼び出されてワクチン奪取に協力して欲しいと伝えられる。目的は奈緒が桜庭を呼び出して引きつけている間に亜衣が桜庭に手をかけるといった相談であった。

友人の頼みであったので引き受けることにした奈緒。
しかし、計画が進行していくと騙されていたのは奈緒の方であったことが判明する。

実は亜衣のドナー、ワクチンは奈緒であった。

亜衣は桜庭と共謀して奈緒を嵌めるが桜庭の裏切りによって計画は頓挫。

逃げ延びた奈緒は屋上にいた翔太に助けを求める。同時に桜庭も奈緒を探して屋上へ。桜庭を殺らないと奈緒を助けられない…。どちらを救うか葛藤が生まれている中、桜庭が奈緒を発見。その時、急に桜庭の顔が膨張して破裂してしまうのだ。

追い詰められた二人のラブストーリー…!?

感染者でない桜庭が破裂したのは感染者であった亜衣と性行為をしたからではないかと推測する翔太。

精神的に弱っていた奈緒は翔太と共に行動をするようになる。二人は翔太の昔の秘密基地のような場所で一夜を共にすることに。

ここで奈緒から翔太に迫っていき、二人は極限状態の精神面もあってか抱き合っていく形で2巻は幕を閉じていきます。

漫画「友食い教室」2巻の感想

友食い教室(2)

ゲームの首謀者や体が破裂するギミックなどはまったく解明されず、淡々とクラスメイトが感染者となり、助けられずに人数が減っていく状況。

どうやら神木と翔太は過去に接点があったような伏線も描かれ、神木がキーマンとなりそうであるが、2巻ではまだまだ真相に近付いてすらいない状況です。

ちなみに2巻では翔太に恋心を抱く女子生徒:遠藤由紀が翔太に告白しており、由紀と奈緒を絡めた翔太の女性関係も新たな見所となってきました。

何故、1-A生徒が友食いゲームに巻き込まれているのか不明点も多いので今後の展開にさらなる期待をしたい漫画です。

管理人

1巻と同様、真相や謎に迫る大きな展開はありませんでした。謎が解明されてくれば新たな面白さも出てくるのと思うので次巻に期待!

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする