悪魔だった君たちへ【14巻ネタバレ】 入院時代の過去編スタート…下田の本性が片鱗を見せていく!?

悪魔だった君たちへ

漫画「悪魔だった君たちへ」最新刊となる第14巻をご紹介!

今回の見所となるのは奥仲先生がまだ下田の担当医であった頃の回想。

奥仲に溺愛する患者である田中が現れる。そんな彼が謎の自殺を遂げていく。腕には何故か下田がつけていた腕時計。彼と下田の接点は…。奥仲が田中や下田の本性を明かしていく!?

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『コミックシーモア』にて最新話を取り扱い中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「悪魔だった君たちへ」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

悪魔だった君たちへ悪魔だった君たちへ【13巻ネタバレ】封印された記憶が徐々に解き明かされていく!?

悪魔だった君たちへ【14巻】ネタバレ

悪魔だった君たちへ

目が覚めると奥仲が上に跨っており、驚く下田。
下着姿の奥仲先生は肩をさらけ出して傷跡を見せていく。そして下田へ尋ねていく。

『この傷…覚えてる?』

下田は覚えていない雰囲気。それを見てこれから思い出すと伝えて下田へ顔を近づけていく奥仲先生。

場面転換。
時間は遡って奥仲が患者であった下田の担当医だった頃の回想へ。

下田の件で仕事に熱が入っていく奥仲。同僚の看護婦などから体を気遣いされていく。病院で寝泊まりした翌日。奥仲を溺愛する患者である田中が奥仲へ庭で摘むんできた花をプレゼント。

さらに田中はさりげなく奥仲へプロポーズをしていく。病院を退院したら結婚して欲しいと…。

『それはできないわ…田中さん…』

『え…どうして?…あ…もしかして待ちきれなくて…う…浮気?』

まったく話が通じない田中。
突然、キレだしていく田中。奥仲はガラスの破片で肩を怪我を負っていくことへ。その様子を遠くから眺めていた下田。

その数日後。
カウセリングルームにて下田と対面。経過を見ていく奥仲先生。生活は順調そうであった下田。同時に彼は奥仲の肩の傷を心配していく。そしてカウセリングルームの外に待機していた田中に声をかけていく。

『傷痕ずっと残るのかな…ねぇ田中さん』

外の廊下には田中が待っていた。
モジモジしていた田中。用件は傷をつけてしまった事への謝罪であった。泣きながら謝る田中。奥仲は事故だから気にしないで欲しいと優しさを見せていく。

『あれからずっと苦しかったのは田中さんの方だったんじゃない…一人でつらい思いをさせてごめんなさい』

泣いて喜ぶ田中。
そんな様子を見て意味深に時計をジッと見つめる下田であった。

その翌日。
病院内の中庭が騒然としていた。何があったのか看護婦に尋ねる奥仲。

『大変なんです!患者さんが…』

すぐに中庭へ駆けつける奥仲。その光景を見て驚愕していく。田中が木に首を吊って死んでいたのだ。その様子を見て自分の学生時代に弟が死んだ時の様子がシンクロしていく奥仲。

『どうして…どうしてなの…私また救えなかった』

背後から下田が訪れる。

『これで田中さんはずっと先生の中で生き続けるんですね…彼にとっては幸せなことですね…先生』

その言葉を聞いて怒りを露わにする奥仲先生。下田の頬に平手打ちをしていく。死ぬ事を肯定してほしくないと伝える奥仲。そして彼の死体に近づいていくと…。

田中の腕に下田の時計がついている事に気づく。

『もしかして下田君の…どうして田中さんが?』

疑問が思い浮かぶ奥仲先生。ここで第14巻は終了。

悪魔だった君たちへ【14巻】感想

悪魔だった君たちへ

間違いなく田中の自殺に噛んでいるのは下田で間違いないでしょう。一体何をして自殺へ追い込ませたのか…。そして下田がまだ見せていない真の本性は一体…。

奥仲はどんな下田の過去を明かしていくのか。
そして自分の過去を知った下田はどんな変貌を遂げていくのか…目の離せない展開&注目のサスペンス漫画。

かなり面白しろくて個人的にも一押しの漫画なので気になった人は是非、チェックしてみて欲しい作品です!

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『コミックシーモア』にて取り扱い中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「悪魔だった君たちへ」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

↓↓↓以下でネタバレをまとめています↓↓↓
悪魔だった君たちへ【ネタバレまとめ】最新巻から結末まで更新中!