悪魔だった君たちへ【13巻ネタバレ】封印された記憶が徐々に解き明かされていく!?

悪魔だった君たちへ

漫画「悪魔だった君たちへ」最新刊となる第13巻をご紹介。

今回は下田の過去を中心に物語が展開。
過去に下田の担当医であった奥仲。彼が入院してきた当初の光景が描かれていきます。

そして13巻で判明していく下田の壮絶な過去が明らかに…!本当の下田は手に負えない真の悪魔なのか…。封印された下田の過去が少しずつ解き明かされていきます!

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『コミックシーモア』にて最新話を取り扱い中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「悪魔だった君たちへ」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

悪魔だった君たちへ悪魔だった君たちへ【12巻ネタバレ】下田の担当医から明かされる衝撃の事実!?

悪魔だった君たちへ【13巻】ネタバレ

悪魔だった君たちへ

睡眠薬を盛って下田を眠らせる奥仲。彼を引きずりつつ、移動の為に車椅子を用意。下田をレクリエーションルームへ隔離していく。彼を室内に閉じ込めるも…罪悪感なのか…再び部屋の確認をする奥仲。

彼女は衝撃の光景を目の当たりにしていく。

『下田君が二人…』

室内には下田と瓜二つな復讐者の姿。一体何者なのか問い詰めていく。

『下田君はずっと言ってましたよね…僕はね…下田君の友達ですよ…』

全て下田の妄想で下田が全てやったと勘違いしている奥仲を追い詰めていく復讐者。彼女が下田に何をしようとしているのか問い詰める。

『私は彼を助けたくて…』

復讐者は自分も同じ気持ちである事を明かしていく。今の下田は意図的に作られていると…。本来の姿に戻す事が目的だと語る復讐者。

『あなたの勝手な思い込みで下田君を振り回さないでください』

奥仲の首を絞め上げていく復讐者。そして意味深な一言と共に場面は奥仲の回想へ。

まだ彼女が独立する前に勤めていた精神科病院。そこに下田が患者として現れる。当時の下田は一家心中事件の唯一の生存者だったのだ。明かされる下田の壮絶な過去。

彼の家族は一家心中をしていた。
生き残ったのが下田だったのだ。病院で下田と目が合う奥仲。その後、奥仲は院長に呼び出されていく。

『例の事件の少年の…詳しく話しておくべきだと思ってね…』

心中事件の発覚当初の様子を院長は奥仲に伝えていく。下田は家族の遺体をテーブルに囲んで食事をしていたと語っていく。さらに聴取では何も語らず虚空を見つめる状態。精神的に病んでいるといった判断で当院に来ていると明かす。

『彼の治療だが…君が適任だと思っているんだ』

院長は明かす。
下田自身が強い要望で指名していると…。奥仲の姿は亡くなった姉に似ている事から親近感が湧いているようだと。奥仲を意を決して下田の担当を引き受けていく。

数日後。
下田の分析をしつつ、彼と対面を果たしていく。すぐに下田は男物の時計をしている奥仲に突っ込みを入れる。そして自分が姉にもらった時計と似ていると明かす下田。彼の言葉は自然と奥仲の深層心理に切り込んでいく。

そして自分の忌まわしい過去を思い出す奥仲。さらに下田の言葉が心に響く奥仲。自然と彼女は涙を流していた。

当時の回想が終わり現実へ。

『先生…助けてあげたいんでしょ?』

奥仲に手を差し伸べる復讐者。彼女は手を握り、立たせてもらう。そして寝ている下田を別の場所へ移動。

睡眠薬が切れてようやく目を覚ましていく下田。彼の前には下着姿で白衣を羽織っている奥仲の姿があった。

『下田君…目が覚めた?』

ここで第13巻は終了。

悪魔だった君たちへ【13巻】感想

悪魔だった君たちへ

今の下田は奥仲の手によって蓋をされたような状態である事は確実。本当の下田が目覚めるとどんな波乱が待ち受けていくのか…。そして復讐者は一体誰なのか…。

下田は入院中に仲良くなった人物だと言っていましたが…彼は入院中、隔離病棟で他人との接触はなかった事が明らかになっています。

謎が謎を呼ぶ展開。
当初の悪魔は信達でしたが、全ては下田の手によって仕組まれていたのか…本当の悪魔が誰なのか核心に近づいてきましたね!

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『コミックシーモア』にて取り扱い中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「悪魔だった君たちへ」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

\\ NEXT //
悪魔だった君たちへ【14巻ネタバレ】 入院時代の過去編スタート…下田の本性が片鱗を見せていく!?

↓↓↓以下でネタバレをまとめています↓↓↓
悪魔だった君たちへ【ネタバレまとめ】最新巻から結末まで更新中!