足掻く【1巻ネタバレ】真面目で働き者な女子大生の裏の顔…

足掻く(1巻)

菊池直恵先生が描くヒューマンドラマ漫画「足掻く」をご紹介。以前に菊池直江先生の「堕ちる」をご紹介している。

漫画「足掻く」では苦学生、隠れ貧困などをテーマに女子大生・山中みわの苦悩や葛藤。大学生活や彼氏に見せる顔とは違う裏の顔が明かされていきます。

親から言われたショッキングな一言…彼氏との幸せな大学生活…そんな裏に隠されたヒロイン・ミワの闇…。読む進め程に胸を抉られていく衝撃の展開が待ち受ける作品となっています。

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『BookLive』にて取り扱い中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「足搔く」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

足掻く【1巻ネタバレ】

足掻く(1巻)

『ねぇ…あの人知ってる?今すれ違った女の人』

二人組の男性の一人がすれ違った女性を見て意味深な言葉を相方に告げていく。

『あの人…自殺するよ』

時は遡って大学のキャンパス。ミワは同級生の女子からK大学男子との合コンに誘われていく。バイトがあるため断るミワ。

同級生達はバイトぐらいサボっちゃいなよ~と軽いノリであったがバイトを優先させる旨を再度伝えていくミワ。

場面は変わる。
コンビニで精を出して働くミワ。夜8時になるとバイトが終わる。店長に近寄っていき一言。

『いつもの…いいですか?』

了承する店長。
ミワは廃棄する弁当を分けてもらって夕食として利用していたのだ。帰り際に彼氏であるリョースケと連絡。彼はミワのバイトが終わると同時にミワ宅にお邪魔してくる。

ミワ宅にてコンビニから貰ってきた廃棄の弁当を頬張る二人。廃棄のコンビニ弁当に感謝しつつ、リョースケがミワに甘えていく。そして二人はベッドへ。

布団に入って大学でK大との飲み会に誘われた事をリョースケに告げるミワ。断った事を伝え、同級生はバイトをサボっちゃえなんて言った事を伝える。

唖然とした表情を見せるリョースケ。

『ムカつくな…そいつら…』

リョースケに引き寄せられて安堵を得ていくミワ。本心を漏らしていく。

『あの子達に悪気がないのはわかってる…でも…その無神経さに腹が立ってしょうがなかった』

『そう思ってしまう自分も嫌で…』

そんなミワにキスして自分がいる事を強調して安堵させていくリョースケ。再び元気が出るリョースケであったがバイトの時間が差し迫っていた為、洋服を来てミワ宅を後にしていく。

リョースケを尊敬していくミワ。彼がいるから今の自分は笑えていると感謝すら感じていく。苦学生をしているミワの事情が少しだけ垣間見えていく。

彼女は高校の時、進路を親に相談すると『学費は出せない…大学は諦めて』と母親に告げられていた。

自宅でコンビニ弁当を食べながら読書するミワ。リョースケからメッセージに幸せを噛み締めていく。そしてミワもバイトへ。

いつもは8時にバイトをあがるミワであったが、この日は夕方4時にバイトを終える。彼女は自宅に帰る訳でもなく、電車を乗り継いで別の駅へ。

『お待たせ…遅くまってごめんね…しずかちゃん』

ミワをしずかと呼ぶ眼鏡のサラリーマンが登場。ミワはこの男性と待ち合わせをしていた。ミワの肩を持って引き寄せる眼鏡サラリーマン。

彼女の耳元へ卑猥な言葉を放っていく。

『今日はナース服持ってきたんだ…僕が先生ってシチュエーションでさんて いい?』

『はい…わかりました』

ここで1巻は終了。

足掻く【1巻の感想】

足掻く(1巻)

ミワは生活の為、彼氏に内緒でウリをしている事が1巻の内容で明かされていきます。何故、彼女はウリに手を出したのか…。今の生活、自分自身に満足をしているのか…。

今後、第4巻にかけてまでミワをメインに彼女の裏事情や眼鏡サラリーマンとの出会い…彼氏・リョースケの衝撃の本性など様々な展開が繰り広げられていきますよ!

人間ドラマ作品が好きな人にはお勧めの漫画なので是非、チェックしてみてくださいね☆彡

管理人

菊池直恵先生の前作「堕ちる」も一人の人間の表裏に迫る衝撃の内容でした。今作の「足搔く」も人間ドラマや人間模様を主体に衝撃の展開が繰り広げられていきます!注目の漫画です☆

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『BookLive』にて取り扱い中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「足搔く」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。