足掻く【2巻ネタバレ】苦学生ヒロインが堕ちるまでの過程が明かされる!?

足搔く(2巻)

菊池直恵先生が描くヒューマンドラマ漫画「足掻く第2巻

今回、眼鏡リーマンと秘密の関係になるまでのバックストーリーが明かされていきます。彼氏と幸せな生活の裏に隠された苦学生ヒロインの苦悩や葛藤が描かれていきます。

またリョースケとの出会い。交際発展するまでの馴れ初めも描かれていきますよ☆

ではでは、第2巻の内容をご紹介!

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『BookLive』にて取り扱い中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「足搔く」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

足掻く(1巻)足掻く【1巻ネタバレ】真面目で働き者な女子大生の裏の顔…

足搔く【2巻ネタバレ】

足搔く(2巻)

場面はミワが高校時代。
進路相談にて将来の夢を担任教師に明かしていく。ミワは本に関わる仕事がしたいと目を輝かせていた。教師もミワの成績なら希望大学は問題ないだろうと伝えていく。

その日…自宅に帰るとミワに絶望が襲いかかる。

『ごめんね、ミワ…学費は出せない…大学は諦めて』

母から予想出来なかった言葉が飛び出してくる。父親はそれなりの会社に勤めていたはず…母が事情を説明していく。

父は待遇の良かった会社でトラブルを起こして退社していた。今は以前の会社の約3分の1の給料になっており、ミワを大学に行かせる余裕がないと明かす母親。

『奨学金で行く!』

家賃や食事はバイトでどうにかする…親に迷惑をかけないで大学に通うと決心を伝えていくミワ。そして彼女は上京。家を出る際、両親が貯めてくれていた30万円の入った通帳を貰うミワ。

親に感謝しつつ、大学とバイト生活を頑張っていく意欲を見せていく。

しかし、現実は甘くなかった。
授業以外の時間はできるだけバイトをしても生活費があと5万円どうしても足りない…この生活が続けば預金もすぐになくなってしまう…。

焦ったミワは水商売に手を出していく。
何とか足りない5万円を稼ぎ出す事に成功するミワだが週末深夜まで働くと生活リズムがずれて大学生活に支障をきたすレベルであった。

根本的に水商売は合わないと感じていくミワ。

『大丈夫?具合悪そうだけど…』

調子の悪そうなミワを見て声をかけてきたのがリョースケであった。バイトが忙しくて眠くなっていたと告げるミワ。

『君も奨学金もらってる?』

リョースケも奨学金で大学に通っていた。共通点があってバイトを頑張る二人。話が盛り上がっていく。リョースケは効率よくお金を稼ぐ為に女性は風俗。男性はキャッチなどやる人が多い事を告げていく。

しかし、そういった人は犯罪に巻き込まれる可能性も高いと明かす。

『なんか…そうなると本末転倒だよね』

苦学生同士盛り上がる二人は自己紹介もして親交を深めていく。一方、リョースケの話で効率良く稼ぐ為に風俗の道もある事を知ったミワ。

彼女はお金の為に全身マッサージのお店で働く事へ。

お金を稼ぐ事はできるが男性と交際した経験もないミワはこの仕事を『気持ち悪い』と感じていた。一方、大学ではリョースケと仲を深めていき、彼に好意を感じていくミワ。

そんな時、マッサージ店の客として現れたのが眼鏡サラリーマンであった。

『…上、脱いでよ』

彼は通常サービス以上をミワに求めていく。最初はただのエロオヤジだと思って断るミワ。しかし、サービス分は現金で上乗せすると語る眼鏡リーマン。

『…いくらくれますか?』

お金の魔力に勝つことができなかったミワ。マッサージのバイトが終わるとリョースケに電話する。その後、急いでミワの元に訪れるリョースケ。

『どうしたの?山中さん?』

彼女の顔は涙と鼻水でグシャグシャであった。自分でも泣いている事に気づかなかったミワ。そんな彼女を抱きしめるリョースケ。

『好きな子が泣いてるのにほっとけない』

この日を境にお互いの気持ちが通じ合った二人は交際へ発展。そしてミワの心の支えはリョースケになっていく。

『え…今なんて?』

場面は再びマッサージ店。
客として来ていた眼鏡リーマンはさらに要求をエスカレートしていく。

そして店で会うのではなく、直接契約しようと持ちかけていく。月2回。1回4万円。オプションつけばさらに1万円。食事もご馳走する。眼鏡リーマンはビジネスとして話を進めていく。

『そういえばまだ言ってなかったですね…しずかです…私の名前』

眼鏡リーマンの提案を受け入れるミワ。しかし、彼女の心はお金の心配が無くなる事に清々しさを感じていた。ここで第2巻は終了。

足搔く【2巻の感想】

足搔く(2巻)

確かに生活をする為に効率良く稼ぐ方法へ足を踏み入れるのはしょうがない面もあるかと感じてしまいました。

ミワのバックストーリーが語られた第2巻。
親に頼る事が出来ない苦学生の辛い日常、葛藤や苦悩が痛いほどに伝わる内容に仕上がっています。

管理人

真面目に働いて頑張っても足りない場合はミワのような道に踏み外すのもしょうがないですよね。なんとも切ないヒロインの背景が胸に沁みる内容に仕上がっています。

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『BookLive』にて取り扱い中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「足搔く」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。