ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない【14話ネタバレ】ゾンビ蔓延る基地で生き抜いた二人の子供!?

ゾンビがあふれた世界で俺だけが襲われない

漫画「ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない」単話版の第14話をご紹介!

今回は物資調達編も終わって自衛隊駐屯地編である。

武村が一人で自衛隊のいる基地へ向かう。その悲惨な現状を目にしつつ…施設内を物色。そこには謎の少女。そして深月の弟である隆司がいた。

一人で隆司の看病をして生き延びた少女に関心を示す武村。二人を連れて市役所へ戻ろうとしていく。

この漫画は以下の電子書籍サービスで取り扱い有り!

試し読み可能!

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「ゾンビのあふれた世界」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

ゾンビがあふれた世界で俺だけが襲われないゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない【13話ネタバレ】順調に見えた食料調達…最後にアクシデント発生!?

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない【14話】ネタバレ

ゾンビがあふれた世界で俺だけが襲われない

小野寺を助けようとフォークリフトで突っ込む武村。物資調達班の面々は彼を心配。軽い怪我だけでゾンビに噛まれる事はなかった。

調達班全員の無事が確認されて笑顔を見せていく一同。そして夕方になると市役所へ到着。調達した物資を市役所内へと運んでいく。

それから数日後…武村の話を伺いたく牧浦が呼び出す。この過酷な状況下でのカウセリングの一種である。しかし、武村は自分を患者のように扱わないで欲しいと一蹴。

自分はゾンビに殺す事にストレスや倫理観などない事を明かしていく。

人を殺すより大したことがない…ということでしょうか?ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない(14話)

深月から聞いた話で武村の心が大丈夫なのか心配する牧浦。ここでも件に関して後悔はなかった事を明かす。彼は大丈夫だと判断したのか話題を変えて談笑する二人。

ここまでの見所!
ここまでの印象のある描写は物資調達班の緊張から解き放たれた時の笑顔である。他に見所と言えばフォークリフトでゾンビを吹き飛ばした部分の迫力ある描写。

その後、武村は単独で自衛隊の駐屯地まで足を運ぶ。訳は自衛隊からの連絡が途絶えたからである。

駐屯地の現状を見て察する。
ゾンビの襲撃にあって自衛官などもぬけの殻状態であった。

詳しく戦闘痕や様子を見ていくと違和感を抱く。どうもゾンビに押し負けた様子ではないと。タイヤ痕があったので追いかけるが川で移動したようで足取りが掴めなくなってしまう。

自衛隊が当てもなく逃げるとも思えない…どこか目的地があるはずだゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない(14話)

そう考えたが深追いは止めて基地へ戻る。
食料を調達して食べているとゾンビの群れ。そしてゾンビから逃げる少女の姿。襲われそうになっていた少女を助けるが…少女はお礼も言わず…颯爽と逃げるように立ち去っていく。

彼女を追いかけて奥の部屋に入ると…死んでいる自衛官。そして少女から奇襲に合う武村。

敵ではない事を示すと共に…部屋を見渡すと深月の弟である隆司がベッドの上で寝ていた。少女は彼の看病を続けていた模様。

よく生きていたもんだ…ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない(14話)

少女が基地の中をサバイバルして物資などを調達していた様子を見て関心する武村。

彼女へジュースとお菓子を提供。そのタイミングで目覚める隆司。彼に帰ろうと伝える武村であった。安心したのか…安堵の表情を見せて頷く隆司。同時に彼の視線は少女へ注がれていく。

武村は隆司を看病してくれた少女も一緒に市役所へ連れて行こうと彼女を誘っていく。ここで第14話は終了。

ここまでの見所!
何やら不穏を感じさせる自衛隊の駐屯地。少女なら何か知っているのかも知れないが…今回登場した少女はまったく言葉を発しない少女である。今回だけでは見るとかなりミステリアスな少女である。

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない【14話】感想

ゾンビがあふれた世界で俺だけが襲われない

新たに名前不明の少女が新登場した第14話。
一人で隆司の看病をしていたサバイバル能力に長けている少女である。

この残酷な世界で隆司も少女も生き延びる事は出来るのか…。今後、彼女の存在がどう武村に影響を与えていくのか非常に楽しみである!

この漫画は以下の電子書籍サービスで取り扱い有り!

試し読み可能!

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「ゾンビのあふれた世界」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

↓↓↓以下でネタバレをまとめています↓↓↓
ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない【ネタバレまとめ】最新話から最終回まで更新中!