私の夫は冷凍庫に眠っている【7話ネタバレ】来客は味方になるか…悪魔になるか…!?

私の夫は冷凍庫に眠っている

衝撃のラブサスペンス漫画「私の夫は冷凍庫に眠っている」第7話。

今回は蒲田が夏奈の家に上がって、本心や亮に対する最近の動向を語っていきます。やはり、彼も今の亮が今までと違う雰囲気である事を感じている状況。

夏奈は彼にカミングアウトして協力を要請するのか。二人の動向が気になると共に、亮の思惑も不明点が多く興味を唆られていきます。

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『まんが王国』にて先行配信中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「私の夫は冷凍庫で眠っている」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

私の夫は冷凍庫に眠っている私の夫は冷凍庫に眠っている【6話ネタバレ】夫が夕食に連れてきた男性がまさかの…!?

私の夫は冷凍庫に眠っている【7話】ネタバレ

私の夫は冷凍庫に眠っている

亮が招待して訪れた来客はなんと蒲田であった。顔を見合わせて驚く二人。

『亮の奥さんって夏奈だったんだ』

二人の中で婚活パーティーで知り合ったと言っていいものか…葛藤が生まれる。直ぐに蒲田がフォロー。彼は料理教室で知り合ったと亮に伝えていく。

上手く誤魔化して居間に上がってもらう事へ。あがる手前、蒲田はお礼と称して花束を渡していく。何のお礼なのか…いまいちわからなかった夏奈。亮もそのことについては後で話すと伝えていく。

夏奈の中でも蒲田を連れてくるのは予想外であった。彼女は亮が浮気相手を連れてくるものだとばかり思っていた。

そして家にビールが置いていなかった。亮は自分が買い出しに行くと伝えて夏奈、蒲田を残して出掛けていく。

『二人でゆっくりしてて』

取り敢えず二人は談笑。蒲田は後ろめたい気分になった事を夏奈へ伝えていく。その訳は何かの間違いでもしかしたら夏奈と結婚していたのは自分かもしれないと語る蒲田。

そんな事を考えると何故か、後ろめたくなったと言葉にしていく。

『…いいなぁ』

蒲田は夏奈達の自宅は実家を思い出すと言って浸っていく。そして家の中を拝見させてほしいと懇願。そして各部屋を見ていく。まずは寝室。畳にベット。シーツはしわくちゃであった。昨夜は亮と絡みがあったのだ。

恥ずかしかった夏奈。別の部屋に誘導しようとする。

『夏奈さん…オレ、あの婚活パーティーで夏奈さんのこといいなってちょっと思ったんです』

そんな気持ちもあったので亮に悪い気がしていたと正直に語る蒲田。また自分から積極的にいくのが本当に苦手だと語っていく。

『今からでも遅くないかもですよ』

そんな蒲田を勇気づけていく夏奈。続いて向かいの部屋の和室へ。ここは物置部屋の役割になっていた。畳が一枚、少しだけ浮いている事に気付く蒲田。

夏奈が亮を埋めようとして物色していた畳であった。

大柄な蒲田を見ながら「この人なら畳を簡単に剥がして亮を埋めるのも…」そんな思いが過ぎっていく。

続いて居間。
亮を殺した当日の風景を思い出していく夏奈。彼女は居間で睡眠薬を飲ませた亮を殺していた。居間を物色して縁側へ行く蒲田。庭に倉庫がある事にも気がついていく。

夏奈は考えてく。
蒲田に全てを曝け出したらどうするのか…。二人目の亮を一緒に殺してくれるのか…。そんな事を考えていると蒲田から質問が来る。

『立ち入ったこと聞いてもいいですか?』

『亮と夏奈さんって最近なんかあったんですか?』

思いがけない蒲田の言葉であった。何故、そう思うのか蒲田が告げていく。最近、亮はやたらと自分と夏奈を会わせようとしていると語る蒲田。

さらに亮に感じている事も伝える。
蒲田は以前の亮と今の亮は雰囲気が違うと感じていた。

『夏奈さん…オレ…亮の事がちょっと怖いんです』

本心が口から出てしまってすぐにフォローする蒲田。考えすぎているかもしれないと伝えていく。そんな蒲田の洋服を掴んで伝える夏奈。

『もう、手遅れなんです』

ここで第7話は終了。

私の夫は冷凍庫に眠っている【7話】感想

私の夫は冷凍庫に眠っている

夏奈は蒲田に亮を殺した事を話すのか…。蒲田は夏奈にとって救世主になるのか…悪魔になるのか…。そして蒲田に話す事で二人目の亮の謎が溶けていくのか…。

個人的には二人目の亮が何者なのか本当に気になっている。

管理人

蒲田は本当に人が良さそうだし、夏奈の味方になる気もしますが…一気に展開が進展しそうな雰囲気。早く続きが読みたいです!

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『まんが王国』にて先行配信中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「私の夫は冷凍庫で眠っている」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。