きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【4話ネタバレ】嫁(エルサ)が他の男と浮気!?

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

ファンタジーラブストーリー漫画「きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます」最新話となる第4話がリリース。内容などをご紹介していきます。今回は王都のお祭りを舞台にしたエピソードが展開。

ユリウスの勘違いもあってエルサが心配になっていく事へ。自分の気持ちに気づく事になるユリウス。普段はクールービューティーな男性であるユリウスは焦り、ドギマギする姿は女性の心を鷲掴みにしてくれますよ!

まだ溺愛とはまでは行きませんが…その片鱗を今回はユリウスが見せつけてくれる事へ。

この漫画は以下の電子書籍サービスで全巻無料試し読みが可能です。

試し読みする

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「きみを愛する気はない」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきますきみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【3話ネタバレ】次期公爵…照れる!?

きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【4話】ネタバレ

結婚する以前のエルサに対するイメージを考えていたユリウス。エルサは過去にラルト王国を返り討ちにしたルガリア王国の末裔。ユリウスはもっと高慢な女性だとエルサをイメージしていた。

しかし、いざ結婚して一緒に暮らすようになるとそのイメージは払拭。高慢どころか…庭で野菜を育てて、メイド達の手伝いもするほんわかした天然の女性でありイメージとかけ離れていた事を痛感していく。

そして本日のメインイベントが紹介される。
王都のお祭りである向日祭が今宵は開かれていく。この祭はラルト王国の建国を祝う盛大なお祭り。

ユリウスはアレクシス殿下と共に出席。奥方であるエルサも身だしなみを整えて参加していく。そんな中でアレクシスが注目する人物がお目見え。

『おっと…やっとパルニラ伯爵家当主のお出ましだ』

パルニラ伯爵はセラフィーナの父親である。式典の日に遅れてやってきたパルニラを鋭い眼光で見ていくアレクシス。

そしてパルニラ伯爵家に対する危惧を伝えていく。
パルニラ家は急速に力をつけており、金の動きも怪しいと睨んでいた。権力を独占しようと企むパルニラ家。同時に敵ばかり作るアレクシスを心配する側近のイエレ。

『だとしてもお前達が守ってくれるだろう?』

部下であるイエレ、ユリウスに絶大な信頼を覗かせていくアレクシスであった。そしてパルニラ家の嬢であるセラフィーナと接する時は細心の注意を払うよう二人に伝えていくアレクシス。

場面転換。
式典も落ち着き、ひとまず自室へ移動したエルサ。弟のハンネスが訪ねてくる。近況の様子を聞いていく。

姉の話を聞くとユリウスと一緒に過ごしている時間が短いのではないかと感じるハンネス。

『姉さん…せっかく来たんだから街の出店も回ろうよ!』

気分転換も兼ねてなのか祭りを楽しもうと提案するハンネス。出店を回ってみたかったエルサは一緒に祭を回ることへ。その様子を隠れてみていた一人の女性。

場面転換。
ユリウスに接触するセラフィーナ。取り敢えず彼女を褒め称えていくユリウス。乙女の顔になるセラフィーナであった。

そしてセラフィーナは祭りの後、父が主催する夜会に参加しないかとユリウスを誘う。エルサもいるので決めあぐねていると…。

『エルサ様でしたら先ほど男性と共に城下町へ行かれたのをお見掛けしました』

それを聞いて心にモヤがかかるユリウス。
城下町のどの辺りにエルサが向かったのか聞き返していく。そこまでは存じないと伝えるセラフィーナ。

ユリウスは予定が入っていると夜会を断り、屋敷へ戻っていく。

『エルサは?』

メイド達から大通りの広場へ向かった事を聞くユリウス。本当に男と出掛けたかと心配になる。すぐに大通りへ向かっていくユリウス。

今までにない感情がユリウスの中で広がっていく。形だけの夫婦だと思っていたがエルサを信じたい気持ちが強い事に気づく。そして大通りにてエルサを発見するユリウス。

一緒にいる男との関係を尋ねていく。

『ご紹介します!弟のハンネスです』

実は結婚式の時、ゆっくり挨拶が出来なかったので顔を覚えていなかったユリウス。相手が弟である事を知って赤面。同時にエルサの顔を見て感じる。

『そうか…俺は…』

自分の気持ちに気がつくユリウス。そして感性の鋭いハンネスは直ぐに察していく。この人はしっかりと姉のことが好きなんだと…。そして安堵。

『僕…そろそろ宿泊先の門限だから帰らないと…』

気を利かせていくハンネス。ユリウスに姉をバトンタッチしていく。ユリウスは伝える。治安が良い王都でも従者を連れずに出歩かないでほしいと…。心配した事を伝えていく。

そしてエルサが持っているリンゴ飴を自分も食べたいと伝えるユリウス。嬉しくなるエルサ。出店まで案内していく。

場面転換。
夜会にユリウスが参加しないのでムスッとしているセラフィーナ。しかし、彼女はユリウスが落とした物を拾っていた。それは誕生日にエルサがプレゼントしたカフスボタンであった。

『これ奥様からのプレゼントなのね…お届けしなくちゃ…』

含みのある表情を見せていくセラフィーナ。ここで第4話は終了。

きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【4話】感想

冷徹に見えたユリウスが焦りエルサをすぐに探しに行く姿は意外でしたよね。既に溺愛へ至る片鱗を覗かせていきます。展開が早くて良い傾向ですね。

そしてエルサからユリウスを奪おうと画策している雰囲気を醸し出すセラフィーナ。やはり、この作品だとセラフィーナが最も不穏で波乱を巻き起こしそうなキャラですよね。

今後、彼女がどうやってユリウスとエルサの仲を引き裂こうと動いていくのか楽しみ…。それでも何故かユリウスとエルサの関係は安心して見ていられるんですよね☆彡

この漫画は以下の電子書籍サービスで全巻無料試し読みが可能です。

試し読みする

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「きみを愛する気はない」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。