名前も知らないあの子と【3巻ネタバレ】ビッチ女子にプロポーズ…二人の恋の行方は!?

荒井啓先生が描く大人漫画「名前も知らないあの子と」第3巻をご紹介!

今回で1巻から続いているエピソードである「僕は彼女の名前も知らない」が結末を向かえていく。ビッチ女子の噂が学校で広がり過ぎて彼女は退学する事へ。

彼女の退学は自分のせいだと責任を感じていく眼鏡男子。そこへ現れるゲスなサッカー部のギャル男。

眼鏡男子が漢を見せる場面もあって二人は最終的にラブホへ逃避行。草食男子をやめてビッチ女子を積極的に攻めていく濃厚な絡みも描かれていきますよ!

この漫画は以下の電子書籍サービスで取り扱い有り!

チェックする

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「名前も知らないあの子と」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

名前も知らないあの子と【2巻ネタバレ】通帳渡したら盛大にフラれる事になる眼鏡男子…!?

名前も知らないあの子と【3巻】ネタバレ

名前も知らないあの子と

憂鬱な顔で休み時間を過ごす眼鏡男子。教室ではある噂が広がっていた。

『ねぇねぇ知ってる…この○校で援交してた子がいたんだって』

噂の生徒は退学する事になっていた。その話を聞いて直ぐに誰かわかった眼鏡男子。ビッチ女子こと「ともよ」の元へ向かう。

声をかけて河川敷へ移動。
学校を辞める噂は本当であった。眼鏡男子は責任を感じていく。

『僕があんな噂流したから…』

ともよもまったく怒っておらず責任も眼鏡男子にはないと伝えていく。逆に早く学校を辞めたかったと告げていくともよ。

『なんだお前らやっぱデキてたのか…』

そこへ1巻で登場したサッカー部のギャル男が現れる。相変わらずともよに対して最低な発言ばかりしていくギャル男。

『なんなら俺がもう一回買ってやってもいいぜ…前に俺に言ったこと土下座して謝んならよ』

そこで眼鏡男子が漢を見せていく。
河川敷に落ちていた石を拾ってギャル男の顔面を殴っていく。あまりの痛みに悶えるギャル男。

ともよは眼鏡男子の手を引っ張り、その場から逃げ出す事へ。

取り敢えず遠くまで逃げて屋根のある場所で雨宿り。近くにはラブホがあったので入ることへ。

裸になった二人はキスをしてベッドの上へ。ともよがリードして彼の股間を咥えこんでいく。今回は眼鏡男子も積極的にともよの身体を弄っていく。

『草食系はもうやめたの?』

積極的な彼を見て一言。
この日はともよもエッチモード全開。経験が浅いながらに頑張ってともよをイかせていく眼鏡男子。

そして情事後。

『あたしね本当はセックスなんて大嫌いなんだー』

男が喜ぶから気持ちいいフリをしていたと…。眼鏡男子も本当は読書が嫌いだと伝える。母親が感想を伝えると喜ぶから読んでいるだけだと。

『あの僕がもう少し大きくなるまで待っていて欲しい…必ず幸せにしてみせるから!』

まさかの高校一年生からプロポーズを受けて困惑するともよ。彼女は絶対に金持ちになるなら考えてやっても良いと伝えていく。

その後。
ともよはファミレスでアルバイト。毎日のように通ってしっかりと働いているか確認する眼鏡男子。二人の関係は続いており、いつもバイト終わりなどには会っていた。

ともよが意外と眼鏡男子に振り回さている感じもあって良い雰囲気にて第3巻は終了。

名前も知らないあの子と【3巻】感想

名前も知らないあの子と

この3巻にて1巻から続いているエピソードである「僕は彼女の名前を知らない」が終幕。次巻から新しいエピソードになる模様。

個人的に2巻のドライな感じでこのエピソードは終了だと思っていたので続きがあって良かった。そして形的には二人の関係性は良好になってハッピーエンドといった結末だ。

そして絡み描写は毎度のことながら生々しさがあって非常にGoodである!

ちなみにだが1巻~3巻のヒロインであるともよは漫画表紙に写る女性とは違うので注意して欲しい。もう少しキツイ感じの顔立ちの女子高生である。

読後感は凄く良いので気になった人は是非、チェックしてみて欲しい!

この漫画は以下の電子書籍サービスで取り扱い有り!

チェックする

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「名前も知らないあの子と」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。