きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【3話ネタバレ】次期公爵…照れる!?

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます

ファンタジー漫画「きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます」最新話となる第4話をご紹介。

今回はレベッカ主催のお茶会にてセラフィーナと対面。彼女からマウントされる事になるエルサ。そしてエルサを可愛がるレベッカ。同時にユリウスの好きな食べ物や誕生日を知って喜ばせようと頑張っていくエルサが描かれていきます。

最後は初めてエルサに対して照れる仕草を見せるユリウスが見れる注目の内容に仕上がっていますよ!

この漫画は以下の電子書籍サービスで全巻無料試し読みが可能です。

試し読みする

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「きみを愛する気はない」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきますきみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【2話ネタバレ】求婚の裏事情が明かされる!?

きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【3話】ネタバレ

ユリウスの幼馴染であるレベッカが主催するお茶会場へ到着するエルサ。早速、お出迎えをしてくれるのがレベッカであった。優しそうな雰囲気を醸し出すレベッカを見て安心するエルサ。

『エルサ様、ユリウスとの新婚生活はいかがですか?』

最高の環境を用意してもらっているので不満もないエルサ。そんな中、レベッカはユリウスは仕事の事になるとどうしようもないと心配を覗かせていく。そしてお茶会場へ。

セレブが集まっての所謂、お食事会。

そこにはセラフィーナの姿もあった。エルサを見つけると同時に声をかけてくるセラフィーナ。挨拶を済ませるとセラフィーナが切り出していく。

『わたくしユリウス様とは以前から、とても親しくさせていただいておりましたので…』

天然娘であるエルサ。
セラフィーナがマウントを取ろうとしている事に気づかず、ユリウスについてもっと詳しく教えて欲しいと伝えていく。そして遠回しにユリウスにエルサは釣り合わないと伝えていくセラフィーナ。

そこへレベッカが訪れる。

『あまり品のないことを言いたくありませんが…ご実家の爵位が伯爵というのをお忘れですか?』

セラフィーナの実家の爵位はユリウスの2階級ほど下であった。本来なら無礼は許されない環境なのだ。エルサに助け舟を出したレベッカ。気を悪くしたセラフィーナは会場を後に帰宅することへ。

エルサに彼女から言われた事は気にしない方が良いと伝える。しかし、セラフィーナのマウントに気づいていないエルサ。レベッカのエルサに対する好感度がここからグングンと上がっていく。

お茶会にてレベッカからユリウスの仕事について聞かされていくエルサ。彼の仕事は国政の為、様々な女性をターゲットに情報を引き出す諜報活動を行っていた。

女性との付き合いは仕事だと割り切っている部分があり、恨まれたり、また彼に近づくと好意ある女性から攻撃を受ける可能性もあると伝えていく。

『色々と訳ありなのですが根は優しい人なのでどうか見捨てないであげてほしいのです』

エルサは自分の正直な気持ちをレベッカに伝えていく。彼女が本当に心が清らかだと知って何でもサポートする事を約束するレベッカであった。

『ユリウス様の好きな食べ物ってなんでしょう』

いつもユリウスは食事で何かしら残すので逆に好きなものは何なのかレベッカに尋ねていくエルサ。そして彼が子供の頃からミートグラタンが好きであった情報を掴んでいく。

さらに来月はユリウスの誕生月である事も初めて知らされていくエルサ。ここで彼女は誕生日を祝おうとパーティーを考えていく。そんな彼女の健気な姿に興奮していくレベッカ。

『本当にユリウスにはもったいないくらいの方ですわ…』

場面転換。
ユリウスは上司であるアレクシス王太子殿下からエルサとの結婚生活はどうか尋ねられていく。問題なく生活している事を聞いて嬉しくなるアレクシス。

『良い夫婦になれそうではないか』

その言葉を告げられて良い夫婦とは何なのか考えるユリウス。自分はまだ家庭といったものを理解できていないと着地する事へ。そして、その夜。帰宅するとメイドから食堂でエルサが待っていると伝えられるユリウス。

食堂にはケーキなどを用意してあり、エルサは誕生日を祝っていく。そして自ら裁縫したブラウスとカフスボタンをプレゼントしていくエルサ。まったく反応がないユリウスを見て心配になるエルサ。

『もしかして干渉しすぎましたでしょうか』

少し驚いただけだと伝えるユリウス。それならサプライズ成功ですねと満面の笑みで彼の24歳になる誕生日を祝うエルサであった。

『…ありがとう』

少し照れを見せながら感謝の言葉を口にだすユリウス。ここで第3話は終了。

きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【3話】感想

純真無垢なエルサの性格に少しずつほだされていくんでしょうかね。とにかくエルサが健気で頑張り屋で非常に可愛い漫画です。そして一つの懸念点としてはセラフィーナでしょうか。

かなりユリウスの事を気に入っていそうな女性です。エルサとバッチバチの恋仲になるんでしょうか。まぁエルサは天然なので相手がマウントしている事など気づかなかったりするので勝負にならないかもしれませんが…(笑)

そしてユリウスファンの方は今回の最後の描写は必見。エルサの笑顔で照れるユリウスが描かれます!是非☆彡

この漫画は以下の電子書籍サービスで全巻無料試し読みが可能です。

試し読みする

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「きみを愛する気はない」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

\\ NEXT //
きみを愛する気はないと言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【4話ネタバレ】嫁(エルサ)が他の男と浮気!?