カラミざかり【1話~3話ネタバレ】人気大人マンガの青年版が配信開始!

カラミざかり ボクのほんとと君の嘘

桂あいり先生が描く人気オトナ向け漫画「カラミざかり」が青年版として登場。原作は大人版「カラミざかり」だが漫画を描くのは御池慧先生である。

青年版はエロ描写よりも主人公である高成の心情をより忠実に描く内容に仕上がっている。またアダルト漫画でもないので年齢制限は無し。

登場人物は主人公である高成。彼が好意を抱く女性である里帆。そして親友の貴史。里帆の親友である智乃が登場。この辺りは原作とまったく一緒である。

また御池慧先生が描く青年版の正式名称は「カラミざかり ボクのほんとと君の嘘」である。

今回は1話~3話の内容をご紹介していく。

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『BookLive』にて先行配信中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「カラミざかり」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

カラミざかり【1話】ネタバレ

カラミざかり ボクのほんとと君の嘘

学校の教室で女子達のエロ話に聞き耳を立てて興奮する貴史。彼はどちらかと言うと性にオープンである。そしてムッツリで奥手なのが高成。貴史はあるAV女優を教えていく。それは非常に里帆にそっくりであった。

そんなエロ話に花を咲かせていると割り込んでくるのが智乃。

貴史からスマホを奪って里帆にも見せていく。智乃からドスケベだと煽られる二人。高成は里帆の前で格好つけたいので否定。むしろ貴史のせいにしていく。

里帆への印象が悪くなってないか頭を抱える高成。しかし、自宅に帰ると貴史に教えてもらった里帆似の女優でヌイていく。

翌日、オナホが届いた事を告げていくる貴史。また下ネタ話をしていると智乃と里帆コンビが絡んでくる。しかし、先生が貴史と智乃にプリントを運ぶように指示。里帆と二人きりへ。

なんとか会話も繋げると夏休みは智乃と海に誘われている事を明かす里帆。高成は貴史も入れて4人で行かないか誘ってみることへ。しかし、タイミング良く貴史達が戻ってきてかき消されていく。

プールの授業。
女子の水着姿を凝視する貴史。そんな中、貴史は高成に尋ねる。

『なぁ、もしかしてお前…飯田のこと好きなの?』

取り敢えず否定していく高成。
そして放課後、貴史と共に帰路へついていると智乃と里帆が現れる。

智乃は貴史にオナホを見せろと指示。断るなら貴史が憧れている竹内先輩にオナホを使っていることを告げ口すると脅していく。

一方、里帆。
遅くなると親に怒られると言って帰ろうとするが…智乃から長居はしないと言われて渋々承諾していく。ここで第1話は終了。

カラミざかり【2話】ネタバレ

カラミざかり ボクのほんとと君の嘘

貴史は断る事が出来ず、智乃と里帆を家に上げていく。当然だが高成もお邪魔していく。部屋の中を見渡す智乃。

『ね、どこにあんの?オナホ』

勉強机の引き出しから取り出す貴史。そして智乃に手渡していく。感触に驚きムニムニと触っていく。

『ね、使ってみてよ』

息子が元気にならないと使えない。こんな状況では無理だと断る貴史。しかし、智乃がオカズになってくれるなら考えると冗談で言ってみると…。

『いいよ』

智乃はスカートを捲し上げて貴史にパンツを見せていく。貴史もズボンを下ろして自分の息子を出していく事へ。そしてオナホにローションを入れて手伝っていく智乃。

目のやり場に困る高成。
横にいる里帆を見遣る。彼の中で里帆も嫌がっている。困っているはずだと思っていく。そんな内心とは裏腹に高成の股間はギンギンになっていた。

貴史は智乃の胸を弄っていく。そしてフィニッシュ。

『あーやべーちょーキモチいー』

立ち上がる貴史。そのまま智乃をベッドに押し倒していく。そしてキス。股間も弄っていく。突然、目の前でおっ始まり、さらに目のやり場に困る高成。そのタイミングで里帆のスマホがバイブ振動。電話がかかってきていた。

顔で電話を取ってきなよと合図を送る高成。

しかし、里帆はスマホをバッグの中に閉まっていく。里帆はベッドにいる二人の行為をまっすぐに見遣っていく。一方、貴史と智乃。挿入までして完全に高成と里帆の事を忘れていた。

そして行為が終わると気まずそうに立っている二人に気づく貴史。

『お前らも来いって!』

貴史は二人をベッドの上へ。ここで第2話は終了。

カラミざかり【3話】ネタバレ

カラミざかり ボクのほんとと君の嘘

高成は智乃の上へ。
やる気満々の智乃。自ら高成にキスを求めていく。初めてのキス。力が抜けていきながら横を見遣る。嫌がっていない里帆。貴史とキスをして胸まで揉まれていた。

『何よそ見してんの?』

高成の股間を触る智乃。

『てか山岸…めっちゃギンギンなんだけど…』

しかし、高成は視線は里帆を見ていた。彼が里帆に気がある事に気がつく智乃。

ベッドの上では貴史と里帆が本番。床では智乃が高成の息子をフェ○していた。気がつくと智乃の口でフィニッシュしていた高成。ベッドを見ると頬を赤らめてグタっとしている里帆。

そして貴史の母親が帰ってきてしまう。急いで制服を着て、お暇する一同。

高成、智乃、里帆の3人で歩く中、分かれ道へ。最後に高成は里帆に言葉をかける。

『もし無理してるんだったら…その…』

『なにが?』

何も言えなくなってしまう高成。真面目で恥ずかしがり屋だと思っていた里帆のこと。しかし、貴史の家で今まで違った表情を見せていた事に内心では困惑していた高成。

ここで第3話は終了。

カラミざかり【1話~3話】感想

カラミざかり ボクのほんとと君の嘘

本家と比べるとエロ描写はだいぶカットされています。そっちよりも高校生の青春、主人公である高成の心情に焦点を当てる内容。青春の甘酸っぱさと残酷さを見たいなら青年版。ガッツリとした絡みを見たいなら大人版といった具合に住み分けると良いと思います。

是非、興味が出た人はチェックしてみてくださいね。

この漫画は電子書籍ストア「BookLive」のみで先行配信されています。

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『BookLive』にて先行配信中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「カラミざかり」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

\\ NEXT //
カラミざかり【4話ネタバレ】天使だと思っている女子の真相は!?