ふつつかな悪女ではございますが【10巻ネタバレ】遂に入れ替わりに気づく人物が現れる!?

ふつつかな悪女ではございますが

漫画「ふつつかな悪女ではございますが」第10巻をご紹介!

今回は殿下と玲琳が出会った当時が明かされていきます。

さらに玲琳の容態が回復。
終盤では遂に玲琳と慧月の入れ替わりに気づいた人物を現れてきます。入れ替わりが明らかとなってどんな展開が巻き起こるのか…!?

予測不可能な事態で盛り上がりを見せていきますよ!

この漫画は以下の電子書籍サービスで取り扱い有り!

試し読み可能!

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「ふつつかな悪女」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

ふつつかな悪女ではございますがふつつかな悪女ではございますが【9巻ネタバレ】足掻いて玲琳に襲いかかる病魔を救い出す!?

ふつつかな悪女ではございますが【10巻】ネタバレ

ふつつかな悪女でございますが

強弓を引き続けて倒れてしまった慧月(中身は玲琳)それを見て心配する莉莉。

場面は殿下へ。
玲琳の容態が心配で寝付けない。

報告を待つ中で玲琳と出会った時の事を思い出していく。殿下に龍気といった色恋を引き寄せるような纏がある事が明かされていく。

この龍気のせいで幼い頃から乳母、武官、宦官などから視線を向けられたり、身体を求められそうになっていた。

そして玲琳を紹介されたのは5年前。
彼女も今までの女性たちと同じだろうと思っていた殿下。

『お初にお目にかかります…玲琳と申します』

初めて出会った彼女に心を奪われる殿下。彼女の目には媚びや恍惚の色が含まれていなかったのだ。

龍気に惑わされない彼女へ興味を持ち始めていく殿下。彼の前で踊りを踊った玲琳。その後、褒美として多くの化粧品が提供されて好きな物を選ぶように言い渡されていく。

『なんだ…天女の如く舞う少女も虚飾の美を纏うそこらの女と同じか…』

化粧品を選ぶ玲琳を見てガッカリしていく殿下。

皇后から化粧品選びに付き合うように指示を受けた殿下は別室で玲琳と二人きりへ。しかし、化粧品を前にした玲琳は明らかに他の女とは違っていた。

嬉しそうには見えず唯、観察しているように見えた殿下。

玲琳と話いくと彼は殿下の心を見透かしていたのだ。龍気を纏い、人間の裏表をよく知る殿下の言葉には裏の意味も込められていた。

玲琳はそれを全て見透かしていたのだ。玲琳はそんな裏の意味を持つ言葉を殿下は美しく隠していると感心。殿下にとって化粧品で自分を隠すような女は愚かであるといった思いもあった。

『では…お前は何故装う?』

『私の顔色がよいと皆様が嬉しそうな顔をなさるからでございます』

色欲の為ではなく周囲の為に化粧をしていると語る玲琳。今までの女性とは違う彼女へ完全に心を奪われる瞬間であった。

この日を境にして殿下は自分の隣には絶対に玲琳を置くと考え、最後まで守り抜くと決心を固めていた。

場面は現在へ。
しかし、玲琳を守る事は愚か…何も出来ない自分に腹立たしさを感じていく殿下。

そんな時…部下が現れて慧月の状況を報告。既に三刻以上の間、強弓を引き続けていると報せを受けて驚く。

その後、辰宇が現れて玲琳の容態が回復している事を知って安堵を示す殿下。

『向かうのは紫龍泉だ』

紫龍泉はいわゆる伝説の泉で浴びたものはたちまち傷を癒やすといった効能があった。故に皇太子でも簡単に取水ができない厳重管理された場所。

その泉の水を2つ用意させようとする殿下。脳裏には病魔に戦った玲琳。そして弓を引き続けた慧月が思い浮かんでいた。

場面は慧月へ。
弓を弾き続けて気絶。起きると手は手当されていた。自分の傷を見ながら様々な感情が馳せていく慧月。

そして慧月がこの身体を宿してくれた事に感謝していく。取り敢えず莉莉の包帯の巻き方が下手だったので自分で巻直す。すると莉莉が帰宅。彼女の隣は冬雪も一緒であった。

彼女は黄家からの報告を告げていく。
まず玲琳の容態が回復したと。破魔の弓を引き続けた慧月にも陛下から直々に礼と詫びが入るはずだと。

同時にいきなり頬を伝う涙を流す冬雪。

ずっと玲琳の傍で彼女を見てきた冬雪。止血付の巻き方、相槌の打ち方、微笑み方、しぐさや癖…冬雪は気づいてしまった。

『本当にそうなのですね…あの女が玲琳様のお身体と魂を入れ替えた…』

『あなた様が…玲琳様なのですね…』

遂に入れ替わりが明らかになってしまう事へ。ここで第10巻は終了。

ふつつかな悪女ではございますが【10巻】感想

ふつつかな悪女でございますが

遂に入れ替わりに気づいた人物が登場。
玲琳の側近として仕えていた冬雪。入れ替わりが明らかとなって状況は大きく変わっていくのか…。

それとも誤魔化そうとしていくのか。
入れ替わりに対して他の者が信じるかもまだ不明ですが一歩前進はしたのではないでしょうか。

次巻で玲琳はどんなリアクションを見せるのか本当に楽しみですね!また巻を増すごとに面白さも右肩上がりを見せる作品です。興味が出た人は是非、チェックしてみてくださいね!

この漫画は以下の電子書籍サービスで取り扱い有り!

試し読み可能!

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「ふつつかな悪女」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

↓↓↓以下でネタバレをまとめています↓↓↓
ふつつかな悪女ではございますが【ネタバレまとめ】最新刊から最終回まで随時更新中!