私が15歳ではなくなっても【5巻ネタバレ】女子高生の淫靡な香りで理性を失い中年サラリーマンが暴走!?

漫画「私が15歳ではなくなっても」第5巻。
今回はシイナと岩下がラブホへ。一線を超えるか否かの状況。直前になってどちらにも葛藤が生まれていく。しかし、シイナの香りを嗅いで完全に理性を失っていく岩下。

女子高生と中年サラリーマンの熱海逃避行。いよいよ大詰めか…!?

この漫画は以下の電子書籍サービスで取り扱い有り!

試し読み可能!

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「私が15歳ではなくなっても」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

私が15歳ではなくなっても【4巻ネタバレ】究極の選択肢で欲に負ける中年サラリーマン!?

私が15歳ではなくなっても【5巻】ネタバレ

私が15歳ではなくなっても

シイナと共に熱海にあるラブホへ入っていく岩下。土下座して10万円でセ○クスをさせて欲しいと懇願した岩下。ホテルについて我を取り戻していく。

『俺は一体何をしようとしているんだ』

超えてはいけない一線を越えようとしている事に気付く岩下。そして休憩する部屋である203号室の前へ。この扉が最後のボーダーラインではないかと感じていく。

シイナが先導して扉を開ける。
青ざめる岩下であったがシイナが無理やり腕を引っ張り部屋の中へ。

シイナの表情を見ると震えて目は潤んでいた。キスを待ち構えるシイナの表情。

『のっ…のみものっ…のみものとかっないっかな』

ギリギリの所でかわして時間稼ぎをする岩下。何か会話の話題を見つけようとしても場所はラブホ。理性が崩壊しそうな岩下の脳内でまともな判断は出来なかった。

『お風呂いってきます』

取り敢えずシャワーを浴びる。次にシイナがシャワーを浴びに行く。その間、葛藤が生まれていく岩下。そして部屋の時計を見ると…。

『うちと同じ時計…朋子が買ってきた…』

そんな事を考えているとシイナがお風呂があがってくる。風呂上がりで沸き立つのシイナの香りにあてられる岩下。

彼にとって15歳の少女の香りはとんでもなく刺激的であった。鼻から香って脳内に垂れ流れてくる淫靡な香り。岩下の理性は崩壊寸前まで崩れていく。

男の本能的にシイナの香りに引き寄せられてしまう岩下。

彼は自然とシイナの身体を求めようと理性とは真逆に身体が動いていた。そんな岩下を見て恐怖を感じていくシイナ。

『怖い…怖い…なんで私…こんなこと…やっぱりおかしいこんなの…普通に考えて』

岩下の股間を見ると大きく膨れ上がっていた。シイナの混乱していく。

『こんなのが…私の誇り…』

ここで第5巻は終了。

私が15歳ではなくなっても【5巻】感想

私が15歳ではなくなっても

我に戻ってまともな考えになる岩下であったが香りに脳がやられてしまった理性崩壊。さらにシイナに至っても直前まで来て葛藤が生まれる始末である。二人は一線を超える仲になるのか…。

女子高生と中年サラリーマンの逃避行はまだ始まったばかり。かなり癖の強いキャラ達が登場する漫画。

二人が向かう先には幸せが待っているのか…それとも最悪の結末が待っているのか…今後の展開も期待の漫画である!

この漫画は以下の電子書籍サービスで取り扱い有り!

試し読み可能!

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「私が15歳ではなくなっても」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。