ペッタん娘じゃダメですか?【5巻ネタバレ】ちっぱいを馬鹿にしていた男…ちっぱいに発情していく!?

ペッタん娘じゃダメですか?

吉沢雅先生の漫画である「ペッタん娘じゃダメですか?」第5巻。前回からの続きでラブホに入ってからの状況が描かれていく。

ココノのちっぱいをバイト中などデリカシーない発言で傷つけていた青葉。彼はちっぱいに興味がないと思っていたが第5巻にて彼もまた潜在的なちっぱい好きな男子である事が判明。

ラブホの一室にて無防備に寝ているココノに発情していく青葉。彼の手は次第にココノのちっぱいに伸びていく!?

この漫画は以下の電子書籍サービスで取り扱い有り!

試し読み可能!

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「ペッタん娘」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

ペッタん娘じゃダメですか?ペッタん娘じゃダメですか?【4巻ネタバレ】尊い女子がラブホに担がれていく…男達の修羅場へ!?

ペッタん娘じゃダメですか?【5巻】ネタバレ

ペッタん娘じゃダメですか?

ラブホのベッドで目覚める青葉。何故、自分がこんな場所にいるのか理解が追いつかない。そして隣を見ると酔い潰れて眠っている無防備なココノの姿があった。

『なんでオレとここのちゃんが…』

ここに至るまでの状況を思い返して整理していく青葉。桐山に蹴られて意識を失った事を思い出していく。しかし、ホテルの部屋に桐山の姿はなかった。

ひとまず桐山もいないのでココノの安全は確保できると安堵する青葉。同時に無防備に寝ているココノに対して色々と思うことがあった。

『ここのちゃんのこんな姿…初めて見るもんだから…心配になっちゃうなぁ…』

すると寝言で青葉の名前を出すココノ。それを聞いて心臓が跳ね上がるほど鼓動が高く早くなっていく。

『いじわるはもう言わないで…ください』

寝言ながら本心が漏れるココノの言葉。それにショックを受ける青葉であった。そして今までの発言はデリカシーがなかったと反省。

無防備に寝ているココノを見ていると青葉の右手は自然に彼女の胸を触ろうと無意識に動いていた。理性を保って制止する青葉。続いて寝返りを打つココノ。青葉の腕にしがみつくような状態へ。

腕にちっぱいが当たって動揺する青葉。とにかくココノの体勢を変えさせようと抱っこしていくが…グラついて倒れてしまう事へ。

一方、桐山。
彼はセフレである宇佐美から連絡が来ており電話対応に追われていた。

『今は忙しいんだよ…話なら後で聞いてやるからさ』

一方、部屋では青葉はココノを押し倒すような形になっていた。右手はここのちっぱいを鷲掴み状態。初めて小さい胸を触った青葉。愛しさを覚えていく。

『もっといっぱいして』

寝言で淫らな発言をするココノ。寝ぼけており、自身でシャツを捲くってちっぱいを披露していく。そして青葉の頭を抑えつけてちっぱいの目の前へ。

『口…開けようもんなら…下手したら舐めちゃう…』

理性が崩壊しかけようとしていた青葉。吐息でココノの乳首も大きくなっていた。理性と欲の狭間で揺れる青葉。そんな時…部屋の扉が開いていく。

入ってきたのは宇佐美との電話を終えた桐山であった。そして状況を見て騒いでいく。何もしていないと否定する青葉。

『偉そうにすんなボケ!しっかりとおったてといてよぉぉ!』

自分の股間がココノに反応していた事に驚く青葉。二人が騒がしかったので少しだけ目覚めるココノ。青葉が自分の身体で反応していた事を知って内心で喜んでいく。

完全にココノが目覚めると桐山と青葉はココノの手を片方ずつ握っていた。

両者ともにココノに手を出さないように見張っていたのだ。ココノが完全に目覚めた事で安堵する男二人。同じタイミングでぐっすりと就寝。

そんな時、ココノのスマホだろうか…。妃花といった人物から連絡が入っていた。最後は妃花の後ろ姿とセリフ。

『あいつ…ホントいい度胸ね』

ここで第5巻は終了。

ペッタん娘じゃダメですか?【5巻】感想

ペッタん娘じゃダメですか?

あの青葉がココノの幼児体型な身体に発情しそうになっているのが面白い!彼もまた潜在的にちっぱいを愛する男性だったのだ。

これでココノに好意を抱く男性が二人。
三角関係に出来上がりである。どちらが最終的にココノの心を独占していくのか…。今後の展開が楽しみ!

そして最後に現れた謎の女性。一体どんな形で物語に関わってくるのか…次巻が楽しみである!是非、この漫画が気になった人はチェックしてみて欲しい!

この漫画は以下の電子書籍サービスで取り扱い有り!

試し読み可能!

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「ペッタん娘」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。