私の夫は冷凍庫に眠っている【単話版ネタバレ】殺したはずの夫が何故か復活!?

私の夫は冷凍庫に眠っている

なんともミステリアスな漫画が登場。その名も「私の夫は冷凍庫に眠っている」です。原作は八月美咲先生、漫画は高良百先生が描きます。

この漫画は人気小説サイト「エブリスタ」に掲載されて話題になった小説をコミカライズした作品。衝撃のミステリーラブサスペンス漫画となっています。

電子コミックサイト「まんが王国」にて単話版1話~4話が先行配信スタート。早速読んでみたので、内容をご紹介していきます。ミステリアスかつサスペンスが入り交じる愛憎劇。

今後も大きく期待できる漫画ですよ☆

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『まんが王国』にて先行配信中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「私の夫は冷凍庫で眠っている」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

私の夫は冷凍庫に眠っている【登場人物】

  • 夏奈(なな)=主役
  • 亮(りょう)=夏奈の夫

1話~4話に関しては夏奈、亮がメイン。
途中で孔雀おばさんと名付けられる見透かしてすかした態度のおばさんが登場してくる。

私の夫は冷凍庫に眠っている【ネタバレ】

私の夫は冷凍庫に眠っている

1話ネタバレ

地元の夏祭りが開催される夜…夏奈は自身の夫を殺していく。夫とは出会ってから5年。結婚生活は4年であった。睡眠薬で眠らせて、電源コードを首を締め上げて殺した夏奈。

夫の死体処理を考えていく。
最初は庭先に埋める事を考えるが、この日は夏祭りで盆踊り大会が開催される。自宅前の道路は人が行き交う場所であった。こんな夜に穴を掘っていれば怪しまれるのは必然。夏奈は明後日に埋める事を考えていく。

それまで夫の死体をどうするか…。異臭騒ぎで死体が発見されてしまったら大変。

夏奈は物置にあった業務用の冷凍庫に夫・亮の死体を腐らないように保存させておく事を決意。小さい体で大きな夫を引っ張り、庭の物置にある冷凍庫に死体を詰めていく。

彼女が何故、亮を殺したのか…その片鱗が覗かれていく。所謂DVである。

死体処理も落ち着いた夏奈。晴れて自由の身になった彼女は夏祭り会場へと足を運んでいく。そして自由を謳歌する為、雄叫びをあげて一人、自由に楽しそうにダンスをしていく。

そして翌朝。
10時に起きて朝食の準備をしていると…。

『ただいまー夏奈、朝ごはん何?』

殺したはずの夫・亮が帰ってくるのだ。1話は終了。

2話ネタバレ

昨日の夜、殺したはずの夫が翌朝になると帰ってきた摩訶不思議な事態に唖然とする夏奈。物置に死体を確認しようと向かう夏奈であったが…。

『どこ行くの?カレー温めてよ』

物置の死体は確認できずに普通にいつもの朝が開始されていく。理解が追いつかない夏奈。脳内で色々な憶測を考えていく。取り敢えず目の前にいる男が本当に亮なのか…様々な質問をぶつけていく夏奈。

自分達の間でしかわからないはずの事柄、さらに癖。全てが亮であった。

洗い物をしていると亮が背後に迫ってきて体を求めようとしてくる。過去の思い出が蘇って無意識で『いや』といった言葉が出てしまう夏奈。亮は謝って求める事をやめていく。トイレに入ってプチパニックを起こす夏奈。

そんな中、亮がコンビニへ出掛けると言って家を離れていく。

今がチャンスと言わんばかりに夏奈は物置にある冷凍庫へ。中には間違いなく亮の死体が保存されていた。「亮は殺したら増殖する生き物?」などと非現実的な考えをちらつかせる夏奈。そして辿り着いた夏奈の結論。

『もう一度殺すしかない』

物置から出てぶつぶつと今後の事について呟いていると孔雀のような洋服に身を包んだ隣のおばさんが声をかけてくる。

『何が計画的なのかしら?』

もしかして孔雀おばさんに見られていた…!?勘ぐる夏奈。2話は終了。

3話ネタバレ

片付けをしてたと誤魔化す夏奈。
孔雀おばさんは夏奈の庭に生えている夏みかんの木を見遣る。欲しそうな目をしていたので後日、おすそ分けに行くと伝える夏奈。

『夏奈さんはお忙しいからね…旦那さんでいいわよ』

意味深な言葉を吐く孔雀おばさん。そして亮が帰宅してくる。やり取りを亮に説明。

『じゃあ僕がお持ちしますよ』

『あら嬉しい、お待ちしてるわね』

夏奈は家に戻って二人目の亮を殺して埋める部屋を物色していく。物が散乱している奥の部屋に決定。取り敢えず片付けて畳を剥がしてみる事にする。

片付けの最中、暑くて襖を開けると目の前は孔雀おばさんの家が丸見えであった。すると、女のあえぎ声に気づく夏奈。近付くと男の声もする。孔雀おばさんは一人暮らし。亮はまだ戻ってきていない。

脳裏で孔雀おばさんと亮が求めてあっている様子が浮かぶ夏奈。

『イャアアア』

突然、悲鳴のような叫び声が孔雀おばさん宅から聞こえてくる。急いで家に戻って気持ちを切り替える夏奈。亮を殺す計画を練っていくと昼寝してしまう。そして夕方。亮に起こされる。

隣の家から悲鳴が聞こえた事を伝えると亮はゴキブリ退治をしてあげたと夏奈に告げていく。

そして夏奈に抱きついて彼女を求めようとしていく亮。昨夜、自分が殺した男に次の夜は抱かれる異常な状況。二人目の亮にも思う存分復讐したいといった気持ちが芽生えていく。

そして夏奈は思いつく。
死んでいる亮の肉を剥ぎ取って二人目の亮に食べさせてみようと…。ここで第3話は終了。

4話ネタバレ

亮と一緒に暮らし始めた当初から今に至るまでの過程が描かれていく。最初は幸せだったが徐々に暴力を振るうようになってきた亮であった。亮との思い出を回顧しながら場面は現実へ。

二人目の亮は仕事に行くようになって、家事も率先して手伝うようになっていく。今までの暴力夫とは別人であった。

そんな中、宅配便が届く。亮が受け取って中身を確認。ノコギリのような包丁であった。夏奈が一人目の亮を切る為に通販していたのだ。取り敢えず動揺せずに冷静を装う夏奈。

そして深夜。
物置に潜入して冷凍庫で保管している亮の死体を通販した包丁で切断していく。

『こっちが骨だけになったら穴に埋める作業もぐんと楽になる…』

翌朝と言うか新車3時前である。ミキサーにかけてペチペチとハンバーグを作る夏奈。

朝、仕事に出掛ける亮に弁当を作ったと言って手渡していく。おかずのハンバーグには一人目の亮の肉を使っている。彼が昼休みに弁当を食べる姿を想像して吐く夏奈。

ここで第4話は終了。

私の夫は冷凍庫に眠っている【感想】

私の夫は冷凍庫に眠っている

ミステリアスである。
二人目の亮は何者なのか…実は双子だったとか…そういったオチなのか…それとも人智を超えた何かが作用しているのか。先行配信された1話~4話ではまだまだ二人目の亮の正体はまったく明かされていかない。

二人目の亮が何者で何故、現れたのか説明がされないまま物語は進行する訳で置いてけぼりを食らうのだが、妙に引き込まれてしまう漫画である。

優しい二人目の亮と幸せに暮らすのか…それとも二人目を手に掛けていくのか…。夏奈に幸せは訪れるのか…。期待のミステリーラブサスペンス漫画「私の夫は冷凍庫に眠っている」面白いので興味が出た人は是非、チェックしてみてください☆彡

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

※電子書籍ストア『まんが王国』にて先行配信中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「私の夫は冷凍庫で眠っている」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。