漫画「ハダカメラ」感想・ネタバレ!男子必見の限界ギリギリちょっとオトナな漫画!

ハダカメラ

漫画「ハダカメラ」は本名ワコウ先生が描く新作の青年マンガなのかな。電子書籍サービスのジャンルでは少年マンガ扱いになっていたりします。男子には嬉しいちょいエロな作品です。

主人公は香神鏡介(かがみきょうすけ)19歳。骨董屋で買った3,000円のポラロイドカメラが摩訶不思議な現象を起こして思いもよらない方向へと事が進んでいく。

まぁ、おっ◯いがたくさん描写される漫画でもあります。中学生、高校生に人気出そうな男子必見の漫画。個人的には男子に人気がある漫画「終末のハーレム」よりこっちの「ハダカメラ」の方が絵も物語も好きですね〜☆彡

この漫画の評価
面白さ
(4.5)
オトナ度
(4.0)
可愛い度
(5.0)
読みやすさ
(4.5)
値段
(4.0)
総合評価
(4.5)

鏡介を取り巻く女性陣は皆可愛い。体のラインとかも最高の一言。とにかく男子必見のちょいオトナな漫画です!

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

漫画「ハダカメラ」ってどんな漫画?

被写体を写したフィルムを別の人間が触れると…なんとフィルムの人物に変身!

まだ1巻しか読んでいませんが、主要人物となるのは主人公であり、浪人生の香神鏡介。このご時世には100%好きな女性としてかヤリたくないと声高々にする童貞男。その鏡介が恋心を寄せている閃(ひかり)。鏡介のバイト仲間で鏡介に恋心を抱く釦(ぼたん)の3人がメインキャストかな。

途中から骨董屋の店番を任せれて登場する鏡介と同じ予備校生の真白映(ましろあきら)も物語に深く関わってきそうな感じになってきます。ちなみに真白は男っぽいけど女性。

カメラで写した被写体が現像される!?

この漫画の一番の見所は鏡介が買った3,000円のポラロイドカメラに被写体として撮られた人物が現像されるといったもの。カメラで写真を取ればフィルムが出て来る。そのフィルムを触れさせることで触れた相手をフィルムに収めた人物に変換できるのだ。

男なら誰もがこんなアイテムあれば使ってみたいと思える代物。

しかも変身というのか、現像というのか写真を撮った相手に変身する時は何故か裸なのだ(笑)

鏡介が閃を撮影して、出てきたフィルムを釦が触れる。釦は閃となり、鏡介を求めようとしていくのが1巻の大筋。裏山過ぎる鏡介。

フィルター越しに見える数値にショックを受ける鏡介

閃が鏡介に抱く恋心はわずか「3%」だった…ショックを受ける鏡介…。

実はこのカメラ、レンズを覗くと右下に数値が現れる。これはどうやら被写体の撮影者に対する恋心の模様。ちなみに鏡介は閃の自分に対する恋心が低くてショックを受ける。

自暴自棄になる鏡介は閃を撮影したフィルムを釦に触れさせて一線を越えようとする場面で次巻へと引き継がれる。

漫画「ハダカメラ」感想

ハダカメラ

この手のちょっとオトナ漫画は「終末のハーレム」が大人気になっているが、個人的には「ハダカメラ」を推したい。こっちの方が描かれる女性も可愛いし、体のラインが良いからだ(笑)

本名ワコウ先生は「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」といった漫画も描いており、そちらもちょいオトナな漫画。でも本名ワールド全開で面白かった。なんだろう特異な設定の中に描かれるエロスが凄く唆るのだ。

悶々としている男子中学生、男子高校生、大学生に非常にお勧めできる一冊です!

管理人

男性向け漫画ですが、きっちりとした恋模様、恋心が描かれるので女子目線で見ても楽しめる漫画です。2巻も出てたので早速、続きを読んでみたいと思います!

この漫画は以下の電子書籍サービスで無料試し読みが可能です。

試し読みする

本名ワコウ先生 その他作品

ノ・ゾ・キ・ア・ナ

ノ・ゾ・キ・ア・ナ
  • 全13巻 完結
  • 著者 本名ワコウ
  • ジャンル 青年マンガ
  • 出版社 小学館
  • レーベル モバMAN
  • 価格 540円
あらすじ

春から専門学校へ通うために、地方から上京してきた城戸龍彦。何の問題もなく新生活が始まったかと思いきや、部屋の壁に小さな穴を見つけ、しかもその穴から時々視線を感じるような気がして落ち着かない。同級生の米山と飲み明かした夜、その穴から光が漏れていることに気付き覗いてみると、向こう側からも女性が覗き返してきて…?