細菌少女【16話ネタバレ】秘密を知ってしまった探偵団の前に立ち塞がる細菌を宿した子供!?

細菌少女

漫画「細菌少女」第16話をご紹介!

今回の見所はさらに明かされていく村の秘密。

同時に探偵団の前に所長の娘である澪が現れる。既に細菌を体内に宿していた澪。

悍ましい姿を露わにしつつ…秘密を知ってしまった探偵団へ牙を剥こうとしていく。

小杖村探偵団は無事に研究所からの脱出が出来るのか…。緊張と緊迫が押し寄せる第16話となっています!

試し読みする

※電子書籍ストア『コミックシーモア』にて最新話を取り扱い中!
移動先の電子書籍ストアの検索窓に「細菌少女」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

細菌少女細菌少女【15話ネタバレ】研究所からの脱出…行方を阻む大人の正体に驚愕するヒロイン!?

細菌少女【16話】ネタバレ

研究所の所長、副所長と対峙する小杖村探偵団の一同。

副所長の正体が碧の父親であった事に皆が驚愕していく。そして今回、侵入してきた探偵団一同に対して高い評価を下す。

あらゆる面で探偵団一同や感染体として非常に優秀だと。

人体実験して俺たちを売り飛ばす気かよ!細菌少女(16話)

大人達へ歯向かう子供達。

碧パパである副所長は自分達の研究は世界から注目されており意義がある事を主張。

同時に世界各国でバクテリア感染した子供達はパンデミックを引き起こすものに利用されて需要が高い事を明かしていく。

悍ましい言葉を並べ立てる父親に碧が叫ぶ。いつものお父さんに戻って欲しいと…。

おまえがお父さんと呼ぶ度…虫唾が走るんだよ細菌少女(16話)

豹変する父親。
碧は自分の娘ではないような言葉を吐き捨てていく。

その言葉を聞いて絶望に暮れる碧。
自分の家族が偽りであった事を知って…恐怖と絶望が押し寄せて身体が震えてしまう碧。

桃井所長はそんな碧の表情を見て興奮。

この村の子供達は研究所が仕入れた家畜であり…両親は全て偽りだと明かす事へ。ふらつく碧を支える早織。

同時に彼女は気掛かりであった事を尋ねていく。

空のバクテリアってなんなのですか?細菌少女(16話)

以前、ふと耳にした空のバクテリア。
その言葉を聞くと…突然、桃井社長の精神が不安定になる。いきなり泣き出して意味深な言葉。

取り乱した姿から精神を落ち着けた桃井所長。次に研究所へ侵入してきた探偵団に対してお仕置きが必要だと伝えていく。

さぁ…きなさい…出番だ…澪細菌少女(16話)

所長が呼び出したのは澪。
しかも瓜二つの姿の澪が三人も現れてくる。

澪は桃井所長が育てた優秀な子供であると説明する副所長。既に第二段階の状態であり、体内に細菌を宿していると説明される探偵団。

三人いる澪の一人が口を隠していたマスク代わりの布を外していく。すると感染して変形した顔が露わに…その姿は口が裂けて悍ましい姿であった。

同時に碧への恨みを見せる澪。ここで第16話は終了。

細菌少女【16話】感想

色々なフラグが出てきた第16話。
空のバクテリアなるものは所長と何か強い関係があるバクテリアの模様。

そして探偵団の前に現れた三人の澪。
三つ子なのか…それとも作られた子供なのか…。研究所から脱出するには澪をどうにかしなければいけない状況。

さらに今回で村の子供達と両親はまったく血縁関係にない事も判明。どんどん明かされていく村の秘密。村の深淵を知った探偵団の子供達は無事に研究所から脱出出来るのか…。

出来たとしても秘密を知った子供達として追われていきそうな展開でもある。

盛り上がりを見せていき目の離せない展開となってきましたよ!

試し読みする

※電子書籍ストア『コミックシーモア』にて最新話を取り扱い中!

↓↓↓以下でネタバレをまとめています↓↓↓
細菌少女【ネタバレまとめ】最新話から最終回まで随時更新中!