ℹ 記事内にプロモーションを含みます。

履歴書を書き換えただけなのに【あらすじ・ネタバレ】性格がキツイ美女を履歴書の効力で従順なペットへ!?

履歴書を書き換えただけなのに

漫画「履歴書を書き換えただけなのに」をご紹介!

コミックシーモア先行で配信された新作お色気作品。この漫画は設定が面白い!

主人公である淳也は小学校の施設管理員。
教師である上野郁子は鼻につく存在だった。そんな中…古いパソコンにあった「履歴書」のファイルを開き、イタズラで特記事項を改竄すると…それが本人へ現実世界で作用してしまう事へ。

この摩訶不思議な現象を利用して郁子を自分の従順なペットにしようと淳也が悪巧み。さわやかな好青年の淳也ですが…中身はかなりのダーク主人公!

絵も綺麗でお色気満載で描かれる内容は男性読者におすすめです!

この漫画は以下の電子書籍サービスで取り扱い有り!

試し読み可能!

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「履歴書を書き換えただけなのに」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

履歴書を書き換えただけなのに【登場人物】

履歴書を書き換えただけなのに

登場人物
  • 佐藤 淳也(主人公・施設管理員)
  • 上野 郁子(ヒロイン・教師)
  • 広瀬 紬(郁子の同僚・教師)
  • 平松 玲香(郁子の同僚・教師)

履歴書を書き換えただけなのに【あらすじ】

履歴書を書き換えただけなのに

林ノ塚小学校の施設管理員をしている佐藤淳也。ある日、書き換えた内容がどんなことでも実現する、全能の履歴書を手に入れた!顔は美人だが、キツい性格で淳也に厳しく当たってばかりだった女教師・上野郁子も履歴書の効力には抗えず!?退屈だった人生が俄然面白くなってきた!

履歴書を書き換えただけなのに【ネタバレ】

履歴書を書き換えただけなのに

1巻ネタバレ

冒頭、郁子は淳也に1億円の借金がある事が明かされる…彼の指示に従って高架橋の上でコートを捲って卑猥な下着姿を淳也に見せつけていく。

ちなみに郁子が淳也から借金をしているのは紛れもない嘘であった。

では…何故、郁子は1億円の借金をしたと勘違いしているのか…その経緯が明かされていく。林ノ塚小学校の施設管理員であった淳也。

教員である郁子から酷い職場で業務をするように命じられる。
その後も淳也を見下すようにこき使う郁子。美人ではあるがいけ好かないタイプであった。

そんな中…職場で古いパソコンを起動させると履歴書といったファイルがあった。そこには自分の履歴書も有り…郁子の履歴書を覗き見る淳也。特記事項の欄は空白になっており…イタズラのつもりで淳也は「郁子は自分から1億円の借金をしており返済義務がある」的な事を入力していく。

次に郁子と対面すると…何故か彼女は淳也に借金をしている体で話を進めていく。履歴書にイタズラで書いた内容が現実を帯びていたのだ。

今すぐ1億円は用意できないので…もう少し待ってもらえますか?履歴書を書き換えただけなのに

すぐに察した淳也。
彼はこの嘘を絶好のチャンスだと捉えて順応する事にする。

履歴書の内容が本人に作用する事を察した淳也。改めて郁子の履歴書を改竄。彼女にどんな手を使ってでも1億円の借金を返済するように記述。

そこで淳也が提案した返済内容は一回ヤラせてくれれば2万円を借金から差し引いていく契約であった。他に大金を返すあてもない郁子。淳也の提案を受け入れ…彼の自宅にお邪魔する。

彼女が先にシャワーを浴びている最中…淳也お風呂場に顔を出す。絶対…淳也で快楽堕ちしない事を心に誓う郁子。しかし…浴室に入ってきた彼のアソコを見て驚愕する。

2巻ネタバレ

郁子が驚愕したのは淳也のアソコの大きさであった。
勃っていないのに…自身の旦那よりも大きかったアソコ。ちなみに郁子は既婚者。32歳の人妻である。

ボディソープで身体を洗うように指示する淳也。
快感で肥大化していく淳也のアソコは両手でも掴みきれないサイズであった。

久しぶりに女性に刺激されて我慢出来ず射精する淳也。顔に出されて動揺。顔を洗っている彼女の後ろ姿を見て興奮が収まらない淳也は…背後から挿入しようとするが…。

性格は勝ち気で強気な郁子。
公私を区別するよう訴えていく。仕方なくベッドの上で事をヤる事を認める淳也。

喘がないと誓っていた郁子だが…身体を愛撫されるとトロトロにされて身悶えしてしまう事へ。

そして一線を超える関係になる二人。
あまりの大きさに最初は苦しかった郁子だが…次第に解れて快楽で歪む表情を見せていく。

3巻ネタバレ

あまりの大きさと激しい腰つきが辛かった郁子。
自ら引き抜いてしまう。事情を説明。それなら上になって自由に動いてみて欲しいと訴える淳也。

それで大きすぎて身体がまだ慣れない郁子。
呆れた淳也は彼女を四つん這いにさせて強引に挿入。欲望のまま荒々しい腰つきで突き刺し…彼女の中で果てていく。

翌日へ。
履歴書の特記事項に書いた内容が本人へ作用する事を知った淳也。実験も兼ねて履歴書に新たな条件などを記していく。

しかし、荒唐無稽な条件は本人へ反映される事はなかった。
また郁子と同僚で若い教師の広瀬紬に興味を持ち始める淳也。取り敢えず履歴書を確認。彼女をどうするかは保留する事へ。

その後、郁子を自宅に呼び出し…借金返済のセ○クスをしようとするが…始める前に口うるさく愚痴る郁子。

侮辱や雑に扱うような真似はしないで欲しいと訴えていく。扱いにくい彼女を黙らせる為…淳也は郁子の夫へ連絡をすると脅す。わざと別の人にかけて彼女を追い詰めるだけの演技だったが効果てきめん。

動揺で身体がガクガク状態。そんな彼女へ問いかける。

仲良く服を脱いで浴室に行くか…答えてください上野先生履歴書を書き換えただけなのに

生意気な郁子を少しでも従順に仕上げたい淳也。彼の悪意が郁子に迫っていく。

4巻ネタバレ

淳也と郁子は一緒に浴室へ。
最初は身体を洗ってもらう淳也。その後…彼が郁子の身体を洗う番へ。

身体を洗いながら彼女の敏感な部分をソフトに刺激する淳也。

快楽に抗う…耐えようと考える郁子だったが…淳也の大きなアソコが擦れると決心が揺らぎそうになってしまう。

しかし、浴槽では郁子の身体を攻める事なく…少しずつ彼女の心を解きほぐそうしていく淳也。まずは笑顔を見せて欲しいと懇願。

からかわれて淳也のペースに飲まれそうになる郁子。自分をしっかり持って望む事を決意。お風呂から上がるとベッドの上へ。

ここから淳也は郁子を意地悪するようにソフトに愛撫を開始。郁子にもサービスをして欲しいと訴えて…淳也はお口でご奉仕を要望。

口に出させてしまえばいい…履歴書を書き換えただけなのに

口で射精させてしまえば本番な無いと踏んで淳也の要望通り…お口でご奉仕を開始する郁子。しかし、想像以上に下手だった為…まったく射精する気配を見せない淳也。

本番を要望するが自分がリードすると伝えて淳也の腰に跨る郁子。

一気に挿入すると以前のように快感で我を忘れてしまいそうだったのでゆっくりと自分のペースでアソコを飲み込もうとする郁子。

焦れったい淳也は彼女の腰を鷲掴みして強引に奥深くまで挿入。身体に大きな肉棒が入ってくると涎を垂らして身体が震えてしまう郁子であった。ここで第4巻は終了。

5巻ネタバレ

対面座位の姿勢で奥深くまで突き刺される侑子。
しかし、自分で動くと頑固な彼女は淳也の身体を押し倒して馬乗りになって腰を上下に動かしていく。

大きすぎる彼のアソコにまだ身体が慣れていない侑子。

見兼ねた淳也が強引に動かして彼女にキスを求めようとする…キスは拒絶されてしまい…本位を変えて彼女を堪能。次第に身体が慣れ始めると喘ぎが漏れ出してきてしまう侑子であった。

頭が真っ白になって強引なキスを受け入れてしまう。最後はナカでフィニッシュ。敏感になっている身体を再び弄られそうになるので気を保ってシャワーを浴びようと提案。

浴室へ移動して侑子に身体を洗ってもらう淳也。
彼女が愛欲を我慢しているのを見透かして…再び身体を弄る。敏感な彼女は直ぐに感じてしまって淳也を受け入れてヨガってしまう状況へ。

乱暴に身体を扱われて再びナカで出される侑子。完全に主導権を握られて何も言い返す事が出来ない。

その後、侑子とメッセージのやり取りをするが相変わらず当たりが強い状態。そんな彼の前に紬先生が接近。侑子と違って温厚なタイプの彼女を見て不敵な笑みを浮かべる淳也。ここで第5巻は終了。

6巻ネタバレ

一旦、郁子を放置して紬へターゲットを切り替える淳也。
郁子は久しぶりに早く帰宅出来て…夫と共に夕食。そして夫に夜の営みを要求。ご無沙汰だった夫も興奮して二人はベッドの上で肌を重ね合わせていく。

淳也と違って優しい夫の愛撫に興奮する郁子であったが…いざ挿入されると夫では満足できない身体になっている事へ気付かされる郁子。

夫では不完全燃焼だった郁子。
シャワーを浴びながら発散できなかった性欲を自慰で解消。自分の身体の変化に驚いていく。

一方、淳也は紬の履歴書を書き換えて彼女を落とす計画をスタート。運動を教えて欲しいと紬から頼まれた淳也。自宅へ彼女を呼び出して運動の指導を開始。

全て書き換えた履歴書通りに進行していた。ちなみに運動を指導してくれる方の指示に従順になることを記載。

紬へ運動を教えながら次第に彼女の敏感な部分に手を伸ばしていく淳也。紬も淳也の従順なペットへ変貌をしていくのか…ここで第6巻は終了。

7巻ネタバレ

紬へトレーニングを指導しながら少しずつ彼女の敏感な部分に手を伸ばしていく淳也。

一方、紬はトレーナーとして才能のある淳也を尊敬。もちろん全てデタラメであるが紬に疑う余地はなかった。あまりに彼女が心酔してくるので面白くなってきた淳也。

トレーニング中のお触りはさらにエスカレート。
腰を浮かせて開脚させるトレーニング中…淳也は彼女の内ももを刺激。少しずつ股間の方に指を寄せていくと…紬も変な気分になって内心では興奮が押し寄せてしまう状況へ。

途中トイレで自分の身体を確認。
すでにアソコは濡れてしまっており…淳也に触られる事がまったく嫌な気持ちではなかった。

トイレから戻ると再びトレーニングの続き。
ここで気付くが淳也のアソコが肥大化しており…その大きさへ驚愕。

トレーニングでは大きく足を開脚されて…お尻の筋肉を解すと告げられ…再び内ももから敏感な部分までソフトにマッサージをされていく。

どんどん感じてきてしまって…このままで理性が危うい状況になる紬。この日のトレーニングは中断して紬はひとまず帰る事へ。

その後、淳也は紬と男女関係へ発展させる為…履歴書の備考にさらなる追記。馬鹿馬鹿し過ぎる備考ネタに自分で笑っているとインターホンが鳴る事へ。

訪ねて来たのは郁子であった。ここで第7巻は終了。

8巻ネタバレ

淳也のもとを訪ねてくる郁子。
彼女は紬と淳也の関係が気になっている様子。早く借金を返したいので淳也の都合を聞く。明日、駐車場で合流する約束を取り付ける淳也。

翌日の仕事終わり。
駐車場で待っていると先に現れたのは紬。何か運動のことで言いたげであったが照れているのか…また後日相談すると告げて足早に立ち去ってしまう。

そして周りの目を気にしながら淳也の車へ郁子が訪れる。
車を走らせて彼女とドライブ。公園へ到着して散歩。その道中…艶めかしい郁子の身体に興奮して彼女を抱き寄せてお尻を鷲掴み。

しかし、抵抗する郁子。
淳也の頬に平手打ちして身体を預けない強気な姿勢。それでも淳也は余裕の態度で再び郁子の敏感な部分に手を伸ばしていく。

嫌なのに乱暴な言葉と扱いを受けると身体は反応。最終的に屋外プレイの濡れ場へ。気持ちとは裏腹に身体は淳也を受け入れてしまって複雑な感情に苛まれていく郁子であった。

9巻ネタバレ

屋外プレイ後、郁子を自宅付近まで送り届ける淳也。

帰宅してシャワーを浴びて夫が先に寝ているベッドへ入る郁子。夫から身体を求められようとしていくが…外でヤッてきたばかり…さらに脳裏に淳也が思い浮かんでしまって夫を拒絶してしまう郁子であった。

淳也は屋外プレイで少し郁子に無理をさせてしまったと思い…責任感がどう作用するのか様子を見る事へ。

一方、紬とは少し距離を置いていた淳也。
偶然、彼女と接触すると運動の件で相談があると向こうから切り出す事へ。

場面は仕事が終わった夕方。
雨が降っていて傘を忘れていた郁子。彼女に接触して傘を渡す淳也であった。彼に借りを作りたくない郁子だったが上手く言いくるめられ…結局、傘を借りて帰宅していく事へ。

入れ違いで紬と待ち合わせをしていた淳也。
彼女も傘を忘れており、淳也の車で紬を自宅まで送り届ける事へ。以前と違って警戒心が薄くなっており、以前の運動も効果抜群だった嬉しそうに語る紬。

この日もこれから運動の指導をすると伝えると嬉しそうにする紬であった。

そして場面は運動中の部屋へ。
パンティ一枚で四つん這いになって身体を伸ばしている紬の姿。身体はプルプルして下半身はビクビクしてしまっている状態。その姿勢で少し我慢をして欲しいと訴える淳也であった。一体、家に辿り着いて二人の間に何があったのか!?

10巻ネタバレ

30分前に遡る。
雨で服が濡れてしまっていた紬。そこで淳也は提案。玄人は服を着ないでトレーニングをするので下着姿だけでトレーニングをしてみてはどうかと。

抵抗はあったが淳也もパンツ姿になって平等感を演出。その気にさせられて紬もパンティ一枚だけの姿へ。

そして淳也の適当はウェイトトレーニングが開始。
最後のストレッチが9巻のラストシーンに当たる場所であった。お尻を突き出した四つん這いのストレッチ。さらに淳也は全身の筋肉を緩めると伝え…遂に紬の敏感な部分に手を伸ばし…指先で刺激を開始。

堪らず喘ぐ紬。
その過程でお願いがあると言い出す紬。それは淳也が持っている特別な資格についてであった。彼は履歴書に「プロフェッショナル精液技術士」なる資格を作って書き換えていた。

紬は淳也の精液が欲しい事を暗に匂わせていく。
察した淳也を条件を提示。それを飲み込んだ紬へ精液を飲ませることを許可していく。

しかし、それには精液を出す行為が必要だと。滾るアソコを見せつけ…精液を出させる為に手解きをして欲しいと伝える淳也。

紬はお口でご奉仕を開始するが初めてだったので手慣れていなかった。上の口は辛そうだから下の口を使って精液を出そうと提案する淳也。彼女の下半身へ滾るアソコを突き刺そうとしていく。

11巻ネタバレ

挿入前に日和る紬。
彼女の緊張を解きほぐす為…淳也はボディチェックと称して身体をマッサージ。次第に緊張も絆されて身体がどんどん敏感になる紬。

その直後に挿入されて善がりまくっていく。
こんなのは駄目だと思いながらも快楽に抗えず…表情がトロトロになる紬。同時に彼女は自分の目的が淳也の精液を貰う為だと認識。

それを思い出してからは快楽へ従順になってフィニッシュ。最後はマットの上に溢れた淳也の精液を口から接種して嬉しそうな表情を浮かべる紬であった。

そこからの懸念は履歴書の効果が本当に紬に現れるかであった。少し彼女の様子を見る事にする淳也。

紬自身も淳也の精液を貰ってから周囲に褒められる事が増えて効果を実感していく事へ。淳也への信頼度が増していく紬。ただ淳也はプラシーボ効果である可能性もあるので…まだ強気なアプローチはせず…再び様子を見る事へ。

紬と淳也の関係が密になっている事を察していく郁子。嫉妬を持ったのか…淳也に接触して二人で話がしたいと誘っていく。

12巻ネタバレ

郁子が淳也を呼び出した用件は「仕事」のスケジュールをしっかり決めて欲しい件であった。立場が上のように話す郁子に内心で苛立つ淳也。

素っ気ない態度で対応して、自分の立ち位置を思い知らせてやろうと考える淳也であった。

夕方になると紬が自宅に訪れて筋トレ指導を受ける。
一通りのトレーニングを終えると紬の方から精液の提供について話題を出す。彼女と駆け引きの提案をする淳也。

本来なら精液提供は無料ではないと…。
しかし、10分以内に射精させる事が出来れば精液を無料提供すると伝える。

シャワーを浴びながら一考する紬。
決意は固まり…シャワー後、大胆になって淳也から精液を搾取しようと行動開始。押し倒して彼の敏感な部分を愛撫。お口でご奉仕も加えて頑張る。

淳也のアソコがデカ過ぎてお口では厳しいと判断した紬。洋服を脱ぎ捨て上に跨って滾るアソコを身体で飲み込んでいく。

紬の頑張りも虚しく無情にも10分が経過。
しかし、精液提供はいらないので最後までサセて欲しいと懇願。彼女が快楽落ちした事を察した淳也。体勢を変えて激しくガン突き。最終的に淳也は彼女の中で大量の体液を放出する。

完全に淳也の快楽に落ちてしまった紬。残るは郁子。彼女も従順な女性に仕立て上げる事は出来るのか!?

13巻ネタバレ

淳也の前で淫らな姿を晒してしまった紬。情事後は恥ずかしくて急いで帰宅すると共に淳也とシた余韻が身体を疼かせる。

一方、郁子へ。
現状では幸せな家庭を築いており…この幸せだけは絶対に壊されたくない気持ちが強く芽生えていた。今の幸せを継続するには淳也への借金を早く返す事が先決。

義両親との食事会を終えた郁子は淳也の自宅へ足を運ぶ。
そしていつもの借金返済の仕事へ取り組んでいくが…淳也とのセ○クスは仕事と意識している郁子。内容が事務的過ぎて和樹が飽きてしまう。

さらに常に高圧的で態度の悪い郁子を見兼ねた淳也。彼女を服従させる為…借金の件を警察ないしは旦那へ報告すると脅す。幸せが破綻してしまう事を恐れる郁子。

彼女はプライドを捨て…淳也の忠実な下僕になる事を約束。
手始めに翌日は下着を付けずに出勤するように命令。朝は淳也の職場に顔を出す。彼女が本当に約束を守ってきたかパンツを脱がせて確認する淳也。

郁子は指示通りに下着は穿かずに出金。従順になった郁子へ笑顔を見せる淳也。ここで第13巻は終了。

14巻ネタバレ

紬は淳也から逃げ出すように去ってしまった事を後悔していた。彼に謝ろうと淳也のいる事務室へ足を向けていく。

一方、事務室では郁子の身体を弄んでいた淳也。
下半身を集中的に弄ばれ…淳也も我慢出来なくなって滾るアソコを露出させて郁子に突き刺そうとする。しかし、場所が不衛生なので本番行為を拒絶しようとする郁子。

彼女の物言いに怒りが芽生える淳也は無理やり目に郁子を押し倒して挿入。抵抗を見せるが快楽の前に顔が歪み…声が漏れそうになってしまう。

そして事務室の外には二人の関係を知ってしまった紬の姿。
淳也と郁子の密事を見てしまって驚きで震えていた。郁子自身も不衛生な場所で淫らな行為は嫌なはずなのに身体は素直に反応。最終的に快楽へ素直になってしまう。

情事後、二人の関係を知ってしまった紬。
二人がどんな関係で繋がっているのか気になってしまう。二人が密な関係かもしれないと思うと胸が苦しくなって辛い紬であった。

場面は淳也へ。
男性教員と共に休憩中。校内の外れにある喫煙所で談笑していると女性教員の話題で盛り上がる。

ここで淳也は一ヶ月前に来た平松玲香といった女性教員を知って興味を示していく。噂をしていると喫煙所に玲香が現れる。彼女の目的はまだ会っていない淳也への挨拶。玲香を見た瞬間、吸っていたタバコを捨て紳士的な振る舞いを見せる淳也。次のターゲットに玲香を選ぶつもりなのか…。新たな展開もありそうで楽しみな終わり方をします。

15巻ネタバレ

冒頭、実は淳也と玲香は知り合いだった頃が明かされる。同じ大学に通っていた二人。学生時代、淳也は玲香に好意を抱いていた。玲香は淳也を都合のいい男として扱っていた。

そして現在。
彼女と教員として巡り合ったのはチャンスだと思う淳也。自分が受けた苦しみを今の彼女に与える事を企む。

対面して玲香も淳也の事を思い出していく。教師として偶然の再会を果たして喜ぶ玲香。大学時代と同じように距離が近く、男を無意識に煽る部分は何も変わっていなかった。

淳也は過去、彼女が悩んでいた彼氏との関係はどうなったか追求。すると彼女はその人と近日中に結婚する予定がある事を報告。表面上では祝う淳也であったが…彼女が大学時代から何も変わっていない事が逆に喜ばしく…良心の呵責に苛まれる事なく好き放題出来ると嬉しみが湧き上がっていく。

その後、飲み会が開催され、淳也が外でタバコを吸っていると接触してくる玲香。彼女は積もる話もあるので飲み会後、二人で飲み直そうと提案。胸を押し付けてきて男心を煽っていく玲香。

そのタイミングで二人の関係に嫉妬していた紬が現れる。割って入って淳也と玲香を引き離していこうとする紬であった。この状況は淳也の手の内か…紬の登場に不敵な笑みを浮かべる淳也であった。

16巻ネタバレ

玲香と親しげにしていた淳也を見て嫉妬が湧き上がる紬。声をかけて二人を引き離していく。その後、飲み会へ戻るが淳也と玲香が特別な関係ではないかと疑って自棄酒する紬であった。

酔った彼女を介抱して自宅まで送り届けようとする淳也。その様子を見て少しムッとした表情をする玲香であった。その変化に気づいていた淳也。これから玲香を相手にしてやるから待っていろと心に思いながら笑みを浮かべていく。

紬を自宅まで送ると彼女が一緒にいて欲しいと甘えてくる状況へ。その姿が過去の玲香と被り、女性の回りくどい誘い方に嫌気がさす淳也であった。

一方、帰宅してきた郁子。
夫から艷やかになっている事を指摘されてしまう。そんな彼女にどこか不審感を抱く郁子の夫。

場面は淳也達へ。
無理やり紬の身体を求めようとする淳也。口では抵抗する紬だったが…彼女自身も自分が淳也に何を求めているのか気持ちが明確になっていく。

淳也に求めていた不純な気持ちを解放して、彼を求める紬。素直になった彼女へ欲望をぶつけていく淳也であった。ここで第16巻は終了。

17巻ネタバレ

帰宅する玲香。彼氏である蓮が電話に出なかった事を追求。彼の追求を上手く誤魔化そうとキスをして寝室への移動を促す玲香。そんな中で思い出すのは淳也の姿であった。

一方、淳也は紬へ。
欲望を解放した紬。今まで見せなかった刺激的な一面を淳也の前で見せる。欲望を解放した紬は快楽に従順。

淳也を煽るような新しい一面を見せて興奮を滾らせていく。最後は自ら中出しを懇願する紬。情事後、そのまま寝てしまって朝を迎えた紬。淳也からの置き手紙を見ると同時に昨夜の淫らな自分を思い出して、顔を赤面させていく。

紬を攻略した淳也。次は玲香をターゲットに履歴書を書き換える作業に移ろうとする。その時、職場へ玲香が訪ねてくる事態が発生。履歴書を書き換える前だったで玲香を追い返そうとすると郁子も現れる。

淳也に絡む玲香へ「何をしているんですか?」と煽りを入れる郁子であった。ここで第17巻は終了。紬のエロス覚醒が興奮を与えてくれる内容でした!

履歴書を書き換えただけなのに【感想】

履歴書を書き換えただけなのに

期待のお色気漫画で絵が非常に綺麗!
また今までにない設定だったり、主人公がかなりゲスいのも魅力の作品。

履歴書を書き換えるだけで相手の人生を思うままに出来る主人公の淳也。まだまだ強気な態度の郁子を従順なペットに仕立て上げる事は出来るのか。

まだまだ配信されたばかりの作品なので今後の展開に大いに期待してしまいますね!気になった人は是非、チェックしてみて下さいね♪。

定期的に第1巻の無料版も配信されています!

この漫画は以下の電子書籍サービスで取り扱い有り!

試し読み可能!

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「履歴書を書き換えただけなのに」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。