19歳の夏休み【16巻ネタバレ】脳内が性欲まみれになるセレブマダム…マッサージ師の青年を誘惑!?

19歳の夏休み

漫画「19歳の夏休み」第16巻をご紹介!

今回は明美にとって口うるさい義父がいない最後の夜を中心に描かれていく事へ。

大介との関係がぎこちないままの明美。しかし、身体は男を求めて疼いて止まらない。そんな彼女はホテルを予約。一人でビキニを着てビーチへ。

若い男を見て目の保養。
最後はマッサージ屋を部屋に依頼。現れたのは明美好みの可愛い青年であった。

股間が疼いて止まらない明美。彼とワンナイトを求めようと勝負を仕掛けていきます!

この漫画は以下の電子書籍サービスで取り扱い有り!

試し読み可能!

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「19歳の夏休み」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

19歳の夏休み19歳の夏休み【15巻ネタバレ】もしかしたら親友と義兄・義弟の関係になるかもしれない!?

19歳の夏休み【16巻】ネタバレ

19歳の夏休み

家庭教師のバイトへ向かう途中にミエから連絡が入る大介。バイト終わりに連絡をして欲しいと告げられていく。

『付き合ってたらマメに連絡しなきゃいけないんだな…』

恋愛に対して知識ゼロであった大介。
若宮家の家庭教師へ向かう途中に本屋に立ち寄って恋愛参考書を買い漁っていく。

そして若宮家に到着。
明美はそっけない態度。大介は沙月に義父が帰ってくる時間を尋ねると明日であった。

自室で落ち込む明美。
義父が帰ってくれば以前の厳しい日常が戻ってきてしまうと思って気分が乗らない。

『沙月…ちょっと問題解いてて…水飲んでくる』

キッチンへ足を運ぶと丁度、明美も部屋から出てきて鉢合わせ。明美が水を入れてくる事へ。

彼女の後ろ姿を見ていると気持ちが興奮して身体に触りたくなっていく大介。股間が反応してしまう。

『勃起してるのがバレるとこだった』

水をもらってすぐにトイレへ駆け込む大介。気持ちを鎮める為に若宮家で自慰行為。

一方、明美にとって大介の行動が素っ気なく見えていた。自分に魅力がないと思いこんで自室で泣き出す明美。

『私との一夜がそんなにイマイチだった?』

結局、何事もなくバイトを終えて若宮家を後にする大介。明美は気を持ち直して義父がいない最後の日を謳歌しようと気合を入れていく。

『今日は戻らないわ』

バッチリとメイクと洋服を着込んで出掛ける明美。彼女は沖縄本島のホテルを予約してチェックイン。

窓際から見えるビーチを見て決心。彼女はビキニを買い揃えて海辺へ足を向けていく。

『こんな格好でビーチに行ったらなんて言われるかしら…いい年こいたババアがみっともない?』

赤いビキニを着て海辺で男観察を勤しむ明美。

男に飢えている明美は若い良い男を見ると思わず心の声が漏れてしまう。

さらに童貞の匂いがするウブな青年を見ると股間が疼きだしてしまう明美。とにかく海水浴中はずっと脳内が色欲で満たされていく明美であった。

ホテルに戻って一休憩した後、マッサージをお願いする。マッサージ師として現れたのはさわやかな青年であった。

『こういうお店はおじさんおばさんばかりだと思ってたけどお若いんですね』

マッサージされているだけで身体が興奮してくる明美。再び脳内は色欲で満たされていく。

『あぁ…ガッツリ…セクハラされたい…』

しかし、マッサージ師の青年は真面目であった。際どい部分には一切手を届かす事なくテキパキとマッサージ。

気持ちが昂ぶっていく明美は勝負に出てみる事へ。

『アロマコースに変えたいんですけど…』

承諾する青年。
同時に明美は尋ねる。もしアロマコースに変えたら青年も洋服を脱ぐのかと…。少し困惑するマッサージ師の青年。ここで第16巻は終了。

19歳の夏休み【16巻】感想

19歳の夏休み

明美にとって非日常を味わえる最後の夜。
大介とのセ○クスがきっかけで性欲まみれになっていく明美の作戦は成功するのか。

もう明美の脳内はエロで満たされており歯止めが効かない状態(笑)

マッサージ師の青年を誑かせて最高の一夜を掴み取る事が出来るのか…青年の答えは次巻へ持ち越し。

大介と明美の人間模様や恋模様が面白すぎて早く続きが読みたい作品の一つ。エロと人間ドラマが加減が本当に秀逸なので気になった人は是非、チェックしてみてくださいね!

この漫画は以下の電子書籍サービスで取り扱い有り!

試し読み可能!

※移動先の電子書籍ストアの検索窓に「19歳の夏休み」と入力して検索をすれば素早く作品を絞り込んで表示してくれます。

↓↓↓以下でネタバレをまとめています↓↓↓
19歳の夏休み【ネタバレまとめ】最新巻から最終回まで随時更新中!